CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
絵も載せたり。
<< 梅雨時の晴れ間と、制作。 | main | ぷるってる展示。 >>
少しずつのおでかけと、展示鑑賞。

コロナちゃんで減便されてたバスが増やされつつあったので、久しぶりに仙台へ。

7月12日まで、晩翠画廊さんで開催されていた、「嵯峨 卓 鍛金の仕事 展」へ行って来た。

 

鍛金(たんきん)は、DMの記載をそのまま書き出すと、

「金属の板や棒を金槌で打ち叩き成形する金属工芸の伝統技法」。

と言っても、動物のモチーフが多い事もあってか、

いわゆる工芸の堅苦しさは感じなくて、親しみやすくて可愛い作品が沢山飾られていた。

全部金属なんだけど、曲線やフォルムがすごく洗練されていて、これが金属?と思わせる柔らかさがある反面、

そのさりげない技術がすごい作家さんだ思う。

 

お土産にポストカードも頂いたり。

どうもどうもありがとうございました!

ちなみに、次は東京圏で展示があるそうなので、気になるお近くの方は、そちらにぜひ。

 

そして、いつもお世話になってる欧州屋さんにも。

 

新作お披露目なども叶って、とても楽しかった。

皆様、どうもありがとうございました!!

 

それとついでの、おまけ。

最近の盛岡は、と言うと。

まだ、青龍さまの所に、水が湧き出て来なかったり。

 

梅雨の晴れ間でご近所さんが、気怠そうにしていたり。

 

special thanks!

 

頂き物も色々と。どうもありがとうございます!

| 雑記 | 22:55 | - | - | pookmark | 昨年の記事