CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< じわり、じわり。 | main | 其処は、彼の世。 >>
展示巡りと、チェロへの傾倒。

ご案内を頂いていた展示を、ちょこっと巡ってきた。

 

まずは、彩画堂さんで本日より開催の、「浅倉 伸 展 滅びない 第六部」へ。

昨年の公募展、「第4回ミニアチュールzero大賞展」という事で、そこから地続きの世界が展開されている。

しかも、あっちこっちで精力的に展示されてるにも関わらず、新作がバンバン飾ってあった。

 

おなじみのメルトツムリちゃん達が、一斉に壁をよじ登っている一角があったり、

壁一面に貼られた、細胞の様な、生き物の様な、有機的な線で埋め尽くされた、布の作品が物凄い存在感を出していて、とても面白かった。

浅倉さんの作品は、一見するとおどろおどろしい感じがするのだけれど、何処までも有機的で、

その感覚が、生き物全ての共通項を描き出している様にも思えて、何となく親近感を覚えてしまう作品達だと思う。

浴びる様に迫ってくる空間が広がっているので、お時間ある方はぜひ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・浅倉 伸 展 滅びない 第六部


場所 彩画堂S-SPACE(岩手県材木町4-30 tel 019-622-7249)
日時     2019年9月23日(月・祝)〜9月28日(土)
営業時間 10:00〜18:00(最終日 〜17:00)  
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして、こちらも本日から開催の、旧石井県令邸さんでのグループ展、「CROSSPOINT」へ。

立体が1点ある他は、絵画作品の展示。

 

色々な国の作家さん達が参加しているだけあって、それぞれが無意識に受けている環境からのイメージとかも影響するのか、なんとなく異国の空気を感じる展示になっているのが面白かった。

とはいえ、表現する、という点においては、何も変わらないので、まっさらな気持ちで向き合うと、色々と見えるものがあって楽しいと思う。

個人的には、「CATXALOT」というタイトルの、マッコウクジラの作品がとても好みだった。

デザイン的にも、そして空押しの表現の感じとかも、面白いので実物をぜひ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・CROSSPOINT

場所 旧石井県令邸(〒020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51)
日時     2019年9月23日(月・祝)〜9月29日(日)
営業時間 11:00〜17:00(最終日 〜16:00)

*色々な国の作家から小さな作品を集めた小さな展覧会です。(DMより。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

で。

今日は初日という事で、チェロとピアノのミニコンサートがあり、それも凄く美しかったのだけれど、

図々しく便乗して、チェロの本田彩香さんのご好意の元、初めて、チェロを弾かせて頂いてきたのだった!

本田彩香さん、チェロをお貸し頂きまして、どうもどうもありがとうございました!!

 

<そして、ここより脱線気味なので、興味の無い方はここで切り上げて下され。>

 

あくまで個人的な感覚として、覚え書き的に残して置くと、

 

両足と胸元の3点で支えてるので、思ったより安定感がある。

そして、音も想像よりごうごうしない、割と優しい感じの響き。

結構高い音も出せるし、メロディっぽいとこもガツガツ弾ける。ので、思っていたよりも、ずっととっつきやすい印象だった。


ヴァイオリンと似てる所もありつつ、違う所(弓の持ち方が違う、音域の指の感覚が広いよ!、そして、音が低い分、弦が太い←押さえるのにパワーがいるけど、太い分音程は取りやすい。)等々の発見もあり、左手は特に、鍵盤の時の指の使い方に、近い感じがした。

ピアノやってる人は、割とすんなり入れそうな気がする。

 

ヴァイオリンと比較するなら、だけど、持ち方が自然、という点と、座ってて楽器も安定する、という点では、ちょっと触った感じでは、初心で初めるなら、チェロの方が弾きやすそう、と思った。

ヴァイオリンは、音の出し方以前に、持ち方とか姿勢に慣れるまで、ちょっと戸惑った身なので。

 

後、重さがある分、弾いてる時は身じろぎしないけど、楽器だけ持つと結構重い。

背負えるけど、大きさもそれなりにある。(ただ、その大きさが愛おしいらしい。)

 

で、触ってみた感じで思うのは、

やっぱり結構、宮沢賢治さんはチェロ弾いてたんだと思う。

あの文章の書き方は、楽器そのものから来ている。という確信を得て来たので、それが一番の収穫だった。

低音ボーボー出せるのは魅力だし、格好良い!というのを、とても実感出来た。

この感覚を忘れない様に、絵と落とし込んで行けます様に。

 

それと、ニスの厚みはヴァイオリンと変わらない位に思えたけど、低音が半端ない分、板の振動は思うより大きく思えたので、アクリルでの彩色は思う以上に音を殺しそうな予感がした。

後々振動に耐え切れず、ヒビ入って剥がれてきたりしそう、かも。

………やっぱりチェロに彩色は、もう少し保留のアイデア案かなあ。

 

ちなみに、本田彩香さんも宮沢賢治さんがお好きだそうで、賢治さん関連の曲を2曲弾いてて下さった!

この感じが在れば、もう少し「セロ弾きのゴーシュ」は詰められそうな気がする。

しかし、どんどん弦楽器一族に、骨抜きにされてく気がするな…。気を付けなくては。

 

どちらも今週末までの展示なので、気になる方はぜひ。

| 展示レポート | 23:25 | - | - | pookmark | 昨年の記事