CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 「八合直彦 陶芸展」と、大船渡満喫。 | main | 「ムサビズム展partII」、参加中。 >>
「ムサビズム展partII」、参加するよ。

気付けばもう来週です。

久々に、東京の展示に混じります。「ムサビズム展partII」です。
場所は、武蔵美の吉祥寺校。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ムサビズム展partII

場所 武蔵野美術大学 吉祥寺校1号館3F(〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町3−3−7)
日時     2019年8月26日(月)〜9月1日(日)
   10:00〜18:00(会期中無休)  
*吉祥寺駅下車、徒歩約15分
 詳細はhttps://cc.musabi.ac.jp/access
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
母校、なんだけど、こっちの校舎は行った事無い。ので、初潜入です。夏休みでお休みの間に、やるんかな?と思うけども。
あ、入場無料だし、学生でなくても入れる所なので、気にせずにおいで下さい。

で。
出展するのは、すでに発表済みのあの絵本、「まてまてトランプ」です。

この、作品として出展するのは、印刷屋さんに頼んだ量産の方じゃ無くて、その前に手製本した1点モノの方です。

 

違いとしては、

************
・奥付が違う(発行年数等が入っていない)
・紙と印刷が違う(やや厚手の紙に、耐光顔料インク印刷)
・糸綴じ製本になってる
************

位なもので、サイズや内容等は同じです。

ちなみに。
手製本は手製本で、味があっていかにも「手作り」っぽくて良いのですが、やや丸みの感じが「本」という味わいには柔く思う気もしていて、
販売用の方は、色味がシャープで「製品」っぽいので、僕はこっちも気に入っています。

平置きで、立ち読み出来る様にしておくので、わざわざ岩手まで見に来るのが億劫だった。という首都近辺の皆様、
取り敢えず眺めてみたい、という皆々様は、足を運んで頂ければと思います。

 

それと、東京上京にあたり、久々にポートフォリオも制作。

過去作の一部は、前のMacさんでしか開けない事もあり、
先週はずっと、Macさん2台起動しっぱなしだった。この2人で、部屋の気温5度位上げてた気がする…。
加えて、こないだ撮って頂いた、ガチのサヨナ嬢の写真も載っけたので、(どうもありがとうございます!!)
かなりサヨナ嬢推しのページ構成になっとります。
絵本と一緒に置かせて頂く予定なので、こちらも興味あれば覗いて見て下され。

それでは、どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 21:52 | - | - | pookmark | 昨年の記事