CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 「プリン展」終了と、盛夏の展示観覧。 | main | 「ムサビズム展partII」、参加するよ。 >>
「八合直彦 陶芸展」と、大船渡満喫。

東京での展示に「まてまてトランプ」を出展するので、そのご報告とごあいさつも兼ねて、

昨年絵本の原画展を開催させて頂いた海の街、大船渡へ行って居た。

 

まずは、楽しみにしていた「八合直彦 陶芸展」を見に、「かふぇ がれりあ おはす」さんへ。

ごあいさつとDMのご案内をしつつ、ガッツリ展示を見せて頂く。

 

八合さんの展示は、今回で3回目の訪問になるかと思うんだけど、カラフルで愛らしい絵が1点1点丁寧に描き込まれていて、まるで絵本のページを繰っている様な作品達だ。

陶器の作品、というよりは、絵を立体に描いている、という印象の強い、1点モノの作品達。
毎回毎回ユニークなキャラクター達が溢れているんだけど、今回は猫・犬・カバ率が高かった様に思う。

 

賑やかな配色のイメージが強いけど、中にはダークトーンの落ち着いた雰囲気の器もあって、大人が使っていても違和感のない、可愛らしさのバランスが秀逸だと思う。

今回は大作の絵も飾られていて、それもとても素敵だった。

 

そして軽食メニューも美味しい。

 

 

今回は爽やかな水色が綺麗な、ニャンコのカップを連れ帰ってきた。

おまけのポストカードもニャンコ。

 

本当に細かい所までまじまじと見たくなる展示なので、気になる方はぜひ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・八合直彦 陶芸展

場所 かふぇ がれりあ おはす(〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字富沢36-1)
日時     2019年8月4日(日)〜8月21日(水)
営業日 日・月・火・水
営業時間 10:00〜16:00(最終日〜15:00まで)

*駐車場あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それと、こちらも仲良くして頂いてて、大船渡の街中・おおふなと夢商店街にお店を構えている、「ラーメンハウスどんぐり」さんへ。

お盆中もしっかり営業してて、沢山お客さんがいらっしゃったので、さくさくラーメンを頂いてくる。

辛い系のメニューが人気なので、どんとこい!という方はぜひラージャンメンを。

割と常連さんが多いので、地元トークを小耳に聞くのが楽しかった。

 

それから、「アジア雑貨と軽食の店 EAST ASIA(イーストエイジア)」さんへも。

こちらは、面白いアジア雑貨や、フェアトレードの商品を取り扱っていたりして、珍しい品揃えが興味をそそるお店さん。

 

アジア風の飲み物食べ物の軽食コーナーで一休みしつつ、

 

以前買って美味しかったフェアトレードの紅茶と、色鮮やかなモロッカングラスを入手。
更には、絵本作家の「いわむらかずお展」のチケットまで頂く。

 

色々とお邪魔させて頂いて、どうもどうもありがとうございました!

 

海風に吹かれつつ街中を探索していると、以前来た時には無かったお店さんやお家、道路や堤防などもじわじわ広がっていて、そういう所が見れるのも地味に嬉しかったりする。

食べ物も美味しいし、綺麗な風景も沢山広がっている所なので、気になる方はぜひ。

| 旅レポ。 | 21:28 | - | - | pookmark | 昨年の記事