CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 初夏の展示巡り。 | main | 宵闇の戯言。 >>
旅と、展示と、ちょこっと本職。

色々見たいもの・聴きたいもの・買いたいものが有りまくったので、仙台へ。

 

せっかくなので、展示などで仲良くして頂いてる、陶芸家の島見さんをお呼び出ししてお付き合い頂く事に。

眺めのいい「カフェモーツァルト・アトリエ」で制作の話などをしつつ、

(*ランチはご馳走して頂きました!どうもありがとうございます!!)

 

丁度、仙台のアーケード内・「ライフスタイル・コンシェルジュ」にて展示をしていた、「小鯖 美保子」さんの陶芸展へも。

壁掛けの作品の見せ方が面白かったのと、新しい試みらしき色物の器の斬新さが目を惹いていたと思う。

そして、平面中心の身と、同じ陶芸家さんの視点は随分と違っていて、そういう所も凄く面白くて楽しかった。

僕一人では完全に迷って行き付けなかったと思うので、そこも感謝。


ーーーーーーーーーーーーーーー
・小鯖 美保子 (陶芸展)
日時/6/11〜6/30 10時〜18時(最終日16時)入場無料  (定休日/月曜日)
場所/「ライフスタイル・コンシェルジュ」
仙台市青葉区一番町3-11-8-2F(ふらんどーむ一番町アーケード内)
ーーーーーーーーーーーーーーー
 

更には、絶対にパフェが食べたい一存で、「彦いち」さんにてお茶タイム。

他にも雑貨屋さんを中心に、くるくるとお買い物と探索をし、

沢山今後の制作のヒントも頂いて、ちょっと展開が面白くなりそう。

 

島見さんの次の展示は夢メッセでの陶芸展だそうで、これからの活躍も楽しみ。

お付き合い頂き、どうもどうもありがとうございました!!楽しかったです♪

 

 

次の日は、楽しみにしていた「仙台国際音楽コンクール」のヴァイオリン部門(予選)へ。

多分、普通なら選考の進んだ最終審査とかのが聴きたいんだと思うし、実際人気の具合もそうだけれど、

僕は予選が大好きなのだ。

 

予選は、結構個性的な演奏をする方も出てたりして、そこで自分の好みを再発見できる、というのもあるし、

やっぱり最初の大舞台に、観衆が一人でも多い方が嬉しいだろうなあ。という気持ちもあったりして、

ちょっとでも応援出来たらな、という気持ちも込めて、席に行く様にしている。

「コンサート」では無く、文字通り「コンクール」なので、受験当日の様なピリッとした空気も清々しく、演奏も真剣で暖かくて、もちろん浴びる様に、音を聴きまくってきた。

 

予選は明日もあるし、セミファイナルとかも席によってはまだ取れるので、気になる方はぜひに。

 


ふっふっふ、そして彼女も、「完成」。

見様見真似で最後の関門、弦を張ってみるも、「調弦」には程遠く、プチトラブルもあって頓挫しそうだったので、
困った時のプリン頼み!!とばかりに、先達のプリン同盟会長に助けを求め、手慣れた手付きで弦張りと音合わせをして頂いた。

…して頂いた!!
一人では到底頭の回らない、細かい調整も共にして頂き、

更にはおやつまでお裾分け頂くという面倒の掛けっぷり…。
本当にどうもありがとうございました!!


これで実奏出来るわ。囀らせて頂こう。

 

special thanks!

 

お菓子とか、

お菓子とか、どうもありがとうございます!!

 

制作の合間の潤いに、しますよっ。

| 雑記 | 23:22 | - | - | pookmark |