CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 更に、ちょこっと納品。 | main | ほこほこな春の展示。 >>
Sleep in a field.

僕は、自分の展示をする時は、心地良い静寂の中で、絵達と語り合って欲しいと願っている。

なので、極力こちらからちょっかいは出さない様にしているのだが、

最近の展示の風潮からなのか、ここ最近は展示をする度に、

「展示を見に来る」方では無く、「作家さんに会いに来る」方が多くなって居て、

自由に見て頂く、というよりも、求められて、どう見るかをレクチャーする、という事が多い様に思える様になってきた。

 

これは、僕が他の方の展示を見に行っても感じる事なのだが、

一昔前に比べて、解説ボードや音声案内が充実していたり、作家さん自身からのコミュニケーションがすごく自然になっている事もあるのだと思う。

この、作家さん自身が自分の想いやコンセプトを語れるのは、とても素晴らしい事、なのだけれど、

何だか結果的に、作品を見る、という事が二の次になってしまい、

それは、せっかく映画を見に行ったのに、舞台挨拶の事ばっか憶えていて、繊細な部分の内容をろくすっぽ覚えていない、みたいな感じで、

気兼ねして終わってしまうという事も多くなった。

 

もちろん、見る側が何を感じようが自由だし、

その糸口として、作家さんが自身の言葉で橋渡しをするのは、好ましい事だと思う。

 

ただ、むしろこちらの思惑など何も介せずに、素の侭で見て貰えるのが幸せだと思う身に対しては、

展示をする意図が、全く無くなってしまったのだった。

 

それならばいっそ、居る時間を共有する事だけに特化した方が、幸いなのかも知れない。という方向に、もう僕自身はシフトしていて、

エトモちゃんを沈静化させた辺りから、ご依頼の対象だけにスポットを当てる、という方向に舵を取っている。

個人としての露出は減りつつあるけど、描きたいモノ、描くべきモノだけに集中して抽出出来る様になったので、結果的には良かったのかな、とも思う。

まあ、僕自身が、そういう賑やかな世界に居飽きた。というだけなのかも知れないけれど。

 

その目新しい側の土壌として、昨年から取り組んでいた「武器」が、もうそろそろ形になりそうなので、

今はもう少し、植えた種の発芽を信じて、水をやって居たい。

| 雑記 | 23:24 | - | - | pookmark | 昨年の記事