CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 納まって無い仕事納め。 | main | 明けない夜と、眠らない夜。 >>
猫つながり、の、展示。と、追悼の雑記。

後半はちょっと湿っぽい話になってしまい、(僕が)耐えられそうに無いので、猫つながりの展示から。

 

新年1番目の展示は、岩手県立美術館で2月17日まで開催中の、「ますむらひろし展 ーアタゴオルと北斎と賢治とー」へ。

ますむらひろしさんの本は、頂いた自分のモノの他、実家にほぼ全冊(しかも装丁が代わった物までも)コレクションされていた為、子供の頃から読んでて、ほぼ全ての内容が頭に入ってる状態だったので、かなりどっぷりと世界に浸る事が出来た。

 

カラー原画はカラーインクが多用されていて、インク特有の、蛍光色みたいなチカチカする色彩が眩しかったし、

今回の目玉であろう、北斎の浮世絵をアタゴオル化したシリーズのものは、作者独自の視点やユニークなアイデアなどが加わっていて、ただの模写では無い楽しさがあった。

それに加えて、描かれている内容の考察等の解説も、みっちりキャプション化してあって、それだけで一冊本を読んだ位の濃密さだった。付随して、北斎の絵ももっと見たくなる好奇心に駆られてくる。

じっくり見たい方は、時間に余裕を持って行くのがおすすめだ。

個人的には、長持をカブトムシ化した絵がすっごく可愛くてお気に入りだった。

他の原画も、実際の印刷物より大きめサイズで描かれていて迫力があるので、気になる方はぜひ。

 

それと、昨年末は、クラムボンさんの「素猫展」へ。

(写真は、仲良しの『木羊日』さんお手製のパペット。)


毎年恒例の、「猫の作品なら何でもOK!」という、誰でも自主参加式の楽しい展示。
写真あり、本気の絵画あり、さらっと沢山の猫達の作品が並んでいて、
そして猫らしく気まぐれに、あちこちにこまこまっと島を作って展示されていて、ほっと一息出来る暖かな展示だった。
猫好きには堪らない展示だ。

 

で。

クラムボンさんのマスターの告別式にも、ささやかながら参列させて頂いて来た。

 

クラムボンさんでの展示の時に、芳名帳を置いておくと、

ご自分のお店なのに、いつもご記帳に名前を書いて下さっていて、とてもお茶目なマスターだったなあと想い出します。

展示の時に、こそっとカウンターの中に入れて頂いて、マスターが見て居たのと同じ光景を見せて頂けた事も、凄く嬉しかった。し、

コーヒーのお店でいつも紅茶しか頼まないのに、しっかり丁寧に淹れてくれていた紅茶も、とても美味しかった。

 

参列されて居る沢山の方が、涙を拭っていて、
切なくて、けれど愛おしいお式だったなあと思う。

弔辞での「貴方のコーヒーが飲みたい。」の言葉、みんな思って居たと思うんだ。

本当に感謝の想い出ばかり。心より、どうもありがとうございました!

 

そして、クラムボンさんは1月10日より再開です。

2代目の娘さんのご活躍と共に、紺屋町にまたコーヒーの香りが漂う日常は、まだまだ変わらないという事に安堵しつつ、

マスターも、今度はカウンターの側で、コーヒーを飲みに来てくれる事を願って。

 

special thanks!

『木羊日』さんより、口どけさらっさらな砂糖菓子と、

宮沢賢治さんの童話からのお土産の様な、鉱石の欠片を頂きました!

どうもどうもありがとうございます!!

| 雑記 | 18:20 | - | - | pookmark |