CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 「きぼうのはこぶね」、終了。 | main | 今宵の配色計画。 >>
ちまちま展示巡り。

白鳥の鳴き声が聞こえて冬の気配を感じる中、2カ所の展示へ足を運んで来た。

 

まずは、会期を延長し、旧石井県令邸さんで21日まで開催していた「高橋正明・飯塚真紀作品展」へ。

高橋正明さん、ことクラムボンのマスターと、画家の飯塚真紀さんの二人展だ。

 

この展示のそもそものきっかけは、クラムボンの年末の風物詩、「ねこ展」に出展しているマスターの作品をまとめた本、「心象風景 ねこ町のクラムボン」の発売を記念してのもの。

 

マスターの作品は、自由でのびのびとして何処か懐かしく、クラムボンのお店の雰囲気そのままで、

空や山や雲や、コーヒーを焙煎する煙なんかにも猫達が隠れていて、とても賑やかだ。

 

そして、絵のモデルにもなっている猫のまめ太くんは、僕がクラムボンさんで展示していた時に店内に迷い込んで来た猫だったので、そういう意味でも知っているにゃんこの絵だったりもする。


余談だけど、僕は幼い頃に、紺屋町に移る前のクラムボンさんにはよく連れて行って貰っていて、
その頃のお店には、ガラス張りの向こうに小さな庭と池があり、錦鯉が泳いでいた事、
入り口のレジの隣に、手作りクッキーが並んでいた事を朧げな記憶として憶えている。
そして、その頃の曖昧な記憶でいうなら、その頃の看板が、屋根裏にあったやつの方だと思うのだ。
余りに曖昧な記憶過ぎて、そして過去の事をマスターに蒸し返すのも何となく気が引ける様な気がして、聞いてないけど、妙に懐かしい感じがした。

 

加えて、この展示の立役者であり、本の編集者でもある飯塚真紀さんの作品。

旧い建物をモチーフにしている事が多いので、県令邸さんの空気感ともとても合っていて、まるでいつも此処に在るかの様な自然さで溶け込んでいた。

とても暖かで、心地の良い展示だった。

 

そして、10月27日(土)まで開催中の、「ナナイロ展 vol.2」へ。

場所は八幡町の八藝館さん。

 

今回は人数も作品数も増えて、より作品のジャンルにバラエティが加わった感じで楽しい。
個性的な作品が多く、前回の「ナナイロ展」よりも、ずっと刺激的で挑戦的な感じがして面白かった。

初日に伺った所、絶賛途中搬入中だったりもしていたので、おそらくもっと作品数が増えている筈。

遅めの時間まで開催されているので、遅めのおでかけにもおすすめだ。

 

今日・明日はお休み。

水曜からの時間も不規則なので、そこはご注意を。

| 展示レポート | 21:31 | - | - | pookmark |