CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 秋始めの展示巡り。 | main | 大遅刻と、制作中の一部始終。 >>
納品と探索と、遅刻参加。

納品と展示の色々を兼ねて、花巻へ行ってきた。

 

まずは、宮沢賢治童話村のキラキラオブジェを見に、寄り道。

 

日中の虹の影や、

 

 

絡み付くパッションフラワーの美しさに心ときめかせつつ、

8月31日まで参加させて頂いていた、「ケンタウル祭」の撤収に「白鳥の停車場」さんへ。

残念ながら駅長さんはお休みだったけれども、売り切れていた定番をちょっと追加してきた。

今年も沢山養子に出して頂いて、本当にありがとうございました!!

 

他の方の作品も、沢山追加されてて本当に綺麗だった。

夜間のライトアップのお楽しみも続いているし、お時間ある方は、今からでもぜひ。

 

その後は、グッズを常日頃取扱い頂いてお世話になっている、

しかも、先週めでたく5周年を迎えた、田舎laboさんへ。

 

こちらも納品、の他、

田舎laboさんの5周年企画・「コロンブスのたまご展」に、途中参加を。

 

 

遅刻も遅刻、大遅刻。どころか、重役の昼明け出勤みたいな遅れっぷりになっててどうにも恐縮だけども、

その上、「ナナイロ展vol.1」でご一緒させて頂いてた、ちゃんと定時に着席してたお二人の作品の間をこじ開けて納まる、という暴挙っぷりだけど、

今日から展示して頂いてます…!

 

むしろ、他の参加者の作家さん達の作品が凄く綺麗だし凝ってるし、時にひねっていて面白いし、

見応え抜群なので、見て頂けるとありがたいです。

どうぞよろしゅう。

 

ーーーーーーーーーー
田舎labo5周年記念企画

「コロンブスのたまご展」
2018.9.1(土)〜2018.10.28(日)
11:00〜17:00(火曜休・臨時休はHP参照)
場所/田舎labo (花巻市湯口字蟹沢13−1 tel 0198-29-5991)
※駐車場あり
ーーーーーーーーーー

 

そして、せっかくの花巻なので。

前回は食券30分待ちに断念した、「マルカンビル大食堂」にリベンジ。
今回は食券までの列が5分程。しかしながら、例のソフトクリームは「50〜60分待ち」の札が。
断念して、ホットケーキを食べよっかな、と思った所に、
後ろの列から、地元の女子大生らしい2人の会話。
「10段ソフトは職人の人しか作れないから時間掛かるけど、他のは器の支えがある分、他の人が作れるから早いらしいよー。」
!?……本当かな。
それならば、と、カップの方のソフトにしてみる。

 


普通ならサラダとか盛りそうな所に、潔い程飾りっ気の無い正統のオムライス。

 


で、食べ終わって直ぐに、カップソフトが到着。
多分30分待ち位。本当に早いな。
インスタ映えにはちょっと惜しい感じだし、箸じゃなくてスプーンだけど、量的には変わらないと思う。
お陰様でいっこ賢くなったし、美味しく素早くお腹一杯になった。
花巻探索の際は、こっちもおすすめだよ。

| 雑記 | 23:06 | - | - | pookmark |