CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 10月の個展と、今の展示。(まとめ。) | main | 今年の「ばん茶せん茶」。 >>
「第17回プリン展」終了と、近くと遠くの展示。

まずはお礼を。

8月25日まで開催していたプリン展、無事に終了しました。

ご覧頂きました皆様、クラムボンの皆様、そして会場のまとめ役でプリンも作ってるプリン同盟会長、

どうもどうもありがとうございました!

僕は一足早く金曜日に搬出したので、最終日においでの方々の目には触れなかったかと思いますが、出入り自由な感じもプリン展の面白い所なので、その時に出逢った作品に縁を感じて頂ければ良いのかな、と思います。

2週間、ありがとうございました!!

 

さてさて。

加えて、最近の展示巡りを。

 

まずは5月のグループ展「ナナイロ展」のまとめ役をして下さった、加村なつえさんの初個展「Ovo de Revo vol.01 2018 summer」へ。

卵を食べて、その殻で作品を作るという、もはや生活の一部と言える、たまごオブジェを中心とした作品展。

 

加村さんの作品は、一言で言えば「美しい」が該当するんだと思うんだけど、

それを支えている、青の色相を中心にした世界観だったりとか、

素材に対する揺るぎ無い愛情(ある意味執着と呼べるのかも?)とか、

生と死、というものを凝縮しつつ、僕よりももう少し客観的に死というものの淵に近付き、静観している静けさのバランスが、凄く心強いなと思える作家さん。

ただ単純に綺麗なものって、一瞬で忘れ去ってしまったりするものも多いけれど、加村さんの作品はどこかザワッとする取っ掛かりがあって、心の隅に残り続ける残り香のする様な作品が多い、様に思う。

加えて、も一度言うけど、とても美しいのだ。

 

「ナナイロ展」の時の作品や新作を含め、

意図的に飾ってあるのは分かるけど、分かるけど、プチプチを剥がしてあげたくなるたまごちゃんが居たり。

隅っこまでちょこちょこ気遣って飾ってあったりしてて、そういう探す楽しみにも溢れた展示だった。


ギリギリ会期中に行けたのであれだけど、会期が延長になるかも?との事だったので、まだやってる筈。

気になる方は、ぜひ。

後、野菜多めのヘルシーあっさり系のご飯も美味しかったよ。

 

ーーーーーーーーーー
加村なつえ個展 「Ovo de Revo vol.01 2018 summer」
2018.7.23(月)〜2018.8.18(土)(〜8/18→9/1に延長予定)
11:00〜17:00(お盆休み8.11〜8.15)(祝・日 休)
場所/コミュニティーカフェレストラン つながる台所・Tane

*駐車場あり
ーーーーーーーーーー

 

 

そして、仙台三越のアートギャラリーで27日(月)まで開催中の、「嵯峨 卓 鍛金彫刻展」へ。

 

銅や真鍮やステンレスなど、金属を使って作られた作品展。

 

『鍛金(たんきん)』っていうのは、DMから引用すると、『金属の板や棒を金槌で打ち叩き成形する』、

要はペラッペラの2次元の金属を金槌で叩く事で3次元の立体にしていく、っていう技法なんだけど、

多分、言葉より実際に見た方が何十倍もしっくり来るし、

そもそも、ちょっと齧った位で作れるレベルを遥かに凌駕してる方の作品なので、そういう知識はうっちゃって見た方が良いんじゃないかと思う。

とにかく作り込みがハンパない。そして、可愛い。

 

しかも、気さくに、触っても持ってもOK!写真も撮って良いよという許可を頂いたり。

子ペンギンちゃん達など、

ゴスロリちゃんはふくよかさん、という話の流れから、

わざわざ台座から集合させて写真を撮らせて頂いたり。

風船の子のお尻が可愛かったり。

…しかし、気付けばペンギンさんしか撮ってないな…。

他にもわんことかカエルちゃんとかの作品も飾られていて、とても賑やかだった。

 

まるで粘土や革の様に柔軟そうに見えるけど、全部硬くてガッシリした金属なので、ぜひ一目見て頂けたらと願う。

 

ーーーーーーーーーー
「嵯峨 卓 鍛金彫刻展」
2018.8.22(水)〜2018.8.27(月)
10:00〜19:00(最終日は〜16:30まで)
場所/仙台三越 本館7Fアートギャラリー(tel 022-225-7111)

ーーーーーーーーーー

| 展示レポート | 14:12 | - | - | pookmark | 昨年の記事