CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 遅刻参加と、「プリン展」。 | main | 10月の個展と、今の展示。(まとめ。) >>
ちょこっと展示巡り。

合間を見て、気になっていた展示を見に行って来た。

まずは、猫好きさんには堪らない、「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」へ。


場所は、花巻市土沢の「萬(よろず)鉄五郎美術館」。
言わずと知れた動物写真家、「岩合光昭の世界ネコ歩き」という番組の写真展だ。
人よりもウチのネコがよく見てます、という噂をよく聞く、猫同士にも人気のこの番組。
朝、早い時間に行ったにも関わらず、既にちらほらと賑わっている。

猫好きな方にはもちろんおすすめだけど、
岩合さんの写真は、万物を愛していて、その中心に猫が居る。みたいな写真を撮る方なので、
普通に写真が好き、という人にもおすすめだと思う。
本の他、グッズも充実して置いてあったので、猫好きさんは財布の紐にご注意あれ。


チケットが型抜きになってて可愛いので、そこのセンスも凄く良いと思う。

それと、「萬(よろず)鉄五郎美術館」お隣の八丁土蔵ギャラリーでは、「溝口 昭彦 展」が開催中。

ドローイングに組み合わされた立体物やランプなどが、時折動いたり点灯したりして、無音の空間に独自の存在感を放っている。
現代美術らしい、考えずに感じるタイプの展示なので、心静かに作品と対峙してみるのも面白い。
個人的には、今はガラクタに感じてしまう様な、子供の頃の宝物を丁寧に拾い集めて今も大切にしている感覚を思い起こさせる展示だった。
ピタゴラスイッチとか、2355の1 minite galleryとか好きな人はハマりそう。

そして、マリオス4Fで9月2日まで開催中の、「MINIATURE LIFE展」へ。


ミニチュア写真家・田中達也さんの写真展だ。
作品の多くが写真撮影・SNS投稿可な事と、夏休みという時期もあり、
小さな子供連れ、家族連れの人達が多くて賑やかだ。

色々な物体をユーモア溢れる想像で見立てた、プチ遊園地の様な楽しい写真展。
平面の写真が中心、かと思いきや、

展示されている作品の額の端に、その作品にそったミニチュアが配されていたり、

実際にミニチュアのジオラマが再現されていて、自由に写真が撮れるコーナーがあったりと、

小人が隠れている、みたいな、探索心をくすぐられる配置の仕方が楽しかった。

それと、展示の出口の物販では、
これでもかという位、食品サンプルやらミニチュアキットやらが売られているので、好きな人は心して行った方が良いかも。

どちらの展示も開催期間が長めなので、お盆明けのお出掛けでも大丈夫。

気になる方は、ぜひ。

| 展示レポート | 22:40 | - | - | pookmark |