CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 明日は在廊予定。 | main | 電車でGO!、と、謎のポケモン推し。 >>
「まてまて トランプ 絵本原画展」への行き方。(電車編。)

8日まで開催中の、「まてまて トランプ 絵本原画展」。

あちらこちらからじんわり足を運んで頂いている様で、本当に本当にどうもありがとうございます!!

 

で。

盛岡からだと、大船渡行きの長距離バスで「大船渡病院東口」で降りて、坂をズンズン降れば着くので分かりやすいと思うんだけど。

遠出だし、冒険しよう!と思い立った方の為に、電車ルートでの、「かふぇ がれりあ おはす」さんまでの行き方を紹介しときます。

 

まず、降りる最寄りの駅は、JRさんの「大船渡」駅です。

ええと、ちょっと補足しておくと、大船渡駅には電車では無く、BRT(バス高速輸送システム・ベーコンレタスサンド、じゃないよ。)で行きます。

何故なら、件の津波でごっそり流されてしまったから。

この路線、元の線路と同じ道中の他、復興に合わせて新しい街も巡るルートにちょいちょい変更されている様です。が、「大船渡」で降りれば大丈夫。

 

降りたら、大船渡プラザホテルとか、タクシーが止まってるいかにも駅っぽい方、では無く、

逆側の、新しく出来かけている薬王堂さん向きの出口から出て、車の見える道へ向かって、真っ直ぐ。

で、車通りのある道に出たら、右に曲がって、てくてく。

そのまま、てくてく行きましょう。

 

次の目印は、

DMの地図にも載っている「岩手トヨペット」さんです。

それなりに不安になる距離を、道路沿いに真っ直ぐ行くと見えてきます。

通り過ぎて、もうちょっと行くのだ。

 

すると。

同じくDMの地図の目印、「山口テーラー」さんが見付かります。

そうしたら、すぐ裏の「パステル美容院」さんの横の路地を、山に向かって登るのだ。

 

すると、控えめな看板が見えるので、焦らず、もちょっと山を登ります。

八合さん作の、素敵な陶板のある蔵が見えたら、もう大丈夫。

ぐるっと裏に回って、これまた愛らしい、水色の階段を降りれば到着です。

ごゆるりとのんびり、どうぞ。

 

 

ちなみに、駅の駅らしい出口の方に行くと、

かもめテラスさんやら、キャッセン大船渡さんやらの、新しい商店街、

ひょんな事から仲良くして頂いてる、「ラーメンどんぐり」さん、

そして、復興中の堤防などなどもあるので、こっちもぐるぐるして頂きたいです。

どうしても内陸に居ると分りにくい、津波の後の現在、というものを、肌で感じて貰えると思うので。

 

という訳で後4日。

「まてまて トランプ 絵本原画展」を、どうぞよろしゅう。

 

ーーーーーーーーーー
「まてまて トランプ 絵本原画展」
2018.7.22(日)〜2018.8.8(水)
10:00〜16:00(木・金・土 休)
場所/かふぇ がれりあ おはす
 (岩手県大船渡市大船渡町字富沢36-1 tel 0192-26-4370)
*駐車場あり。お車でのお越しがオススメ。
ーーーーーーーーーー

 

special thanks!

 


エトモちゃんの方でも、御礼を述べさせて頂いてるけれども。

遠方のねこ友達・Cさんとおうちのわんにゃんの皆さまより、応援メッセージ入りの紅茶を差し入れて頂きました!

わざわざ愛飲の紅茶が、にゃんこさんとわんこさんの連名で届くという幸せ…!
本当にどうもありがとうございます。

美味しくお茶飲んで、描こっと。

| saharaの展示。 | 10:12 | - | - | pookmark |