CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 前日の、大船渡。 | main | 明日は在廊予定。 >>
「まてまて トランプ 絵本原画展」開始!と、納品巡り。

 

昨日お知らせの通り、「かふぇ がれりあ おはす」さんでの大船渡の展示、「まてまて トランプ 絵本原画展」が始まっとります。

初日にわざわざ訪ねて下さった皆様、どうもどうもありがとうございます!

 

個人的には、自分のホーム(盛岡)とはやや離れた場所で、露出もほぼ無いので、ここでぜひとも海の町の人達の心を震わせられたらなあ、と願っとります。

そして、もちろん遠方からのお客様も大歓迎。

お店を始めてから特に、人が動く、人が行く、というシンプルな事がつくづく力に成るんだなあ、と実感したので、ちょっと足を伸ばして頂けたらと願います。

本当、いい所なので。

 

後、広田の海開きも始まったそう。ぜひ。

黄色い砂浜がとっても綺麗らしいので、泳ぎたい人も、車での寄り道もぜひ。

 

ーーーーーーーーーー
「まてまて トランプ 絵本原画展」
2018.7.22(日)〜2018.8.8(水)
10:00〜16:00(木・金・土 休)
場所/かふぇ がれりあ おはす
 (岩手県大船渡市大船渡町字富沢36-1 tel 0192-26-4370)
*駐車場あり。お車でのお越しがオススメ。
ーーーーーーーーーー

 

で。

それとは別に、あっちこっちにも納品に伺っていたので、そのご報告を。

 

まずはこちら。

「まてまて トランプ」のDMを見たKさんのご紹介により、言わずと知れたアートの町・土沢の「いちびっと」さんへ。

 

近くの「萬(よろず)鉄五郎美術館」にて「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」が開催中なので、「ぜひ猫のものを」という事でお声を掛けて頂いたらしい。

なので、絵本他、ポストカードや自由帳などの猫猫しいものを中心にお納めしてきた。

猫猫しいのが一段落したら、未発表の新作ポストカードも貯まってきてるので、それを中心に持って行こうっと。
 

 

店内は他の作家さんのものも、クラフトも平面も満遍なくたっぷり扱っているので、見応えがある。

「こっぽら土澤」の入り口から入って奥の方にあるので、空気の流れも落ち着いていて、じっくり見られる。

 

せっかくなので、前々から可愛いと思っていた「まめつぶのこえ」さんのグッズもゲット。

駅近には、アートに関わるお店の他、図書館もあるし、温泉もあるから、1日のんびり長居にも良さそうだった。

 

次に、「ケンタウル祭」真っ最中の、「白鳥の停車場」さんへ。

 

フレーム入りポストカードと、

少なくなっていたしおりを追加で納めてきた。

店内の一部が作品展示用にディスプレイされていて、まるでギャラリーみたいになっている。

来週末からは夜のライトアップも始まるそうだし、夕方早めにお邪魔して、ライトアップ鑑賞も良さそう。

 

ーーーーーーーーーー


「Vol.3 ケンタウル祭」
2018.7.7(土)〜2018.8.31(金)
10:00〜16:30
場所/白鳥の停車場 (宮沢賢治童話村駐車場内)
*9.1 17:00〜「みんなで”烏瓜の灯り”をつくろう」も開催。
ーーーーーーーーーー

 

そして、お世話になっている「田舎labo」さんへ。

少なくなっていたポストカード5種をお納めしてきた。

個性豊かな作家さんの作品を中心に、暑いからかご当地ラムネが充実していた。

週末は色々なワークショップもあるし、これからの時期は夏休みの自由研究にピッタリだと思う。

温泉も近いので、リフレッシュのお出掛けも兼ねて、ぜひ。

 

割と3か所とも近場なので、ぐるっと一回り遊びに行くのもおすすめだ。

お見かけ、お立ち寄りの際は、どうぞよろしゅう。

| saharaの展示。 | 19:03 | - | - | pookmark |