CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 今年の「ケンタウル祭」へ向けて。 | main | 「まてまて トランプ」、DM配付場所と、交通案内。 >>
「ケンタウル祭」、開催!

白鳥の停車場さんでの「ケンタウル祭」は、7月7日から!
という事で、お納めした原画の話でも。

今回のテーマは「銀河鉄道の夜 ー消えた博士の足跡ー」という事で、「銀河鉄道の夜」の第3稿が元になっている。
なので、ブルカニロ博士に関する何かを描ければ、と思っていたのだけれど、
博士にまつわる内容で取っ掛かりが掴めなかったので、うっちゃって、

いかにも銀河鉄道、みたいな感じの描きおろしを2枚、納めてきた。

 

1枚は、繊細な、水晶の寄木みたいなガラスの額の方が手に入ったので、透き通る天の川の水沿いの列車の様を。

もう1枚は、銀河鉄道の車内に飾られてるエンブレム、みたいなイメージで制作してみた。
個人的に白い背景が好きなので、このすっきり感がとても心地良い。
まあ、何となく、ギッシリ塗ってある方が先に養子に出そうな気はするけど。

 


後は、「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えてゐる。」の記述みたいに、とにかくキラキラさせたかったので、

金・銀・水晶の粉と、キラキラさせるものを盛ってみた。

決してギラギラでは無く、近くで見たらそうかも、という位の仄かさなので、キラキラしている所を楽しんで頂ければな、と思う。
気になった方は、一期一会の出会いをお楽しみ下され。

また、他の作家さんの素敵な作品がやってきているので、そちらもまじまじゆっくり堪能して頂けたらと願う。

白鳥の停車場さんには、宮沢賢治関連の色々なグッズや鉱石類も充実しているので、それも含めて眺めるのも楽しい。

それでは、どうぞよろしゅう。

ーーーーーーーーーー
「Vol.3 ケンタウル祭」
2018.7.7(土)〜2018.8.31(金)
10:00〜16:30
場所/白鳥の停車場 (宮沢賢治童話村駐車場内)
*9.1 17:00〜「みんなで”烏瓜の灯り”をつくろう」も開催。
ーーーーーーーーーー

| おしらせ | 12:24 | - | - | pookmark |