CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 「まてまて トランプ 絵本原画展」のお知らせ。 | main | 今年の「ケンタウル祭」へ向けて。 >>
宣伝がてらの展示巡り。

DM配りがてら、そこここを巡って来た。

 

まずは盛岡町家物語館の中にある、「カフェDOMA」さんへ。

marimariさんの個展、「marimari・euphoria展」の最終日だったので、ご挨拶しつつぐるーっと一巡り。

マーブリングの様な、境の不明瞭な色彩の広がる世界や、ジグジグとした線の走る平面作品の他、

何だかとっても愛嬌のある、布製の彫刻(しかも思う存分触らせて頂けた!)もあって、

人の日常の淡い感情を、そのまま抽象的に存在させた様な作品達だった。

 

ちなみに、「カフェDOMA」さんの次回の展示は、「深澤口知美 絵画展 山に棲む」だ。

DMでは、水墨画の様な佇まいに、不思議な生き物が顔を覗かせている。

こちらは来週末から。

 

ーーーーーーーーーー
「深澤口知美 絵画展 山に棲む」

2018.6.30(土)〜2018.7.29(日)
11:00〜16:00(カフェ営業時間外の観覧も可(9:00〜19:00)/最終日17時まで)
場所/盛岡町家物語館 カフェDOMA
ーーーーーーーーーー

 

そして、旧石井県令邸さんに。

蔦がムックの様にもじゃもじゃの県令邸は、ちょうど薔薇が見頃でいい香りを放っていた。

 

明日25日からは「ハナムケノコトバ」・しもかわらさとこさんの展示があるそうだ。

こちらもちょっと楽しみ。

 

ーーーーーーーーーー
「ハナムケノコトバ」 しもかわらさとこ展
2018.6.25(月)〜2018.7.1(日)
11:00〜18:00(入室締切 閉館30分前/最終日16時まで)
場所/旧石井県令邸
ーーーーーーーーーー
 

その後もふらっとDMをお願いしつつ、「ひめくり」さんで開催中の「初夏をいろどる三人展」へ。

瑞々しく、爽やかで気配りを感じさせる、陶器と版画とこぎん刺しの作品展だ。

個人的には、ハリノヲト植木友子さんのこぎん刺しの作品が気になった。

いかにもな幾何学の布物に混じって、よーく見るとこけしや南部鉄器、さくらんぼなどの愛らしい図柄の作品も飾られている。

何でも、こぎん刺しの技法を使ってオリジナルの図柄を刺せる方らしい。

さりげなく、しかしながら目を惹く感じのバランスが絶妙だと思った。

気になる方は、ぜひ。

 

ーーーーーーーーーー
「初夏をいろどる三人展」

斉藤幸代×伊藤由美子×ハリノヲト植木友子
2018.6.22(金)〜2018.7.3(火)
10:30〜18:30(6月28日(火)・休/最終日16時まで)
場所/ひめくり
ーーーーーーーーーー

 

そして、行く場所行く場所で、知ってる方々に多く会い、思いの外DMが拡散出来てきた。

おはすさんにも大量にお送りしたので、沿岸地域にもお目見えする筈。

もう少しお願いしたらDMのお送り先も紹介するので、お見かけの際はどうぞよろしゅう。

 

余談。

 

夏の福袋と季節限定とおまけ欲しさに、ルピシアで紅茶を大人買い。

これだけあれば、と、思うかも知れないが、ティーホリッカーの身としては、この量で大体3ヶ月持つ位。

その上での些細な悩みは、歯医者に行って、虫歯より先に紅茶の飲み過ぎを窘められる事だ。

(歯の茶渋で分かるらしい。)

| 展示レポート | 21:55 | - | - | pookmark |