CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
<< 「安ケ平 愛美 テンペラ画展」へ。 | main | 「聖夜のともしび」展、無事終了! >>
プリン同盟、14年目で14段。
先日ご紹介した「安ケ平 愛美 テンペラ画展」。
その初日のオープニングパーティーで、「プリン同盟」会長による14段プリンのプリン積みが行われた。

念の為補足しておくと、「プリン同盟」というのは、盛岡で年1回夏に展示をしているグループの名前だ。
テーマはプリン。プリンに関わる作品なら、立体でも平面でも何でもOK!という面白い展示である。
その、記念的行事の一つとして、段プリンが行われたりしているのだ。

今年はプリン同盟が活動14年目なので14段のプリンを積むらしい。
開催当日は冬至という事で、かぼちゃプリン。
14段でおおよそ40人前のプリン!
プリンはプリン同盟会長のお手製、という事なのだが…!
コレの物凄さは、見て貰った方が早いと思うんだ。
プリン、積みます。
左手より、プリンを積む為の道具、プリン、プリン、プリン、…プリン。
この光景もびっくりするけれど、もっと驚くのはこの後。

1段目。
会長の手により、あっという間に1段目。
二人一組で積んでいくのだけれど、会長がプリンを積むのに慣れてらっしゃって、神業的にサクサク積んでいく。

3段目。
3段。

5段目。
5段。
全然、と言うか、思った程にはプルプルしない!
高さが浅めで、しかも今回はかぼちゃプリンなので、滑りにくいという。
…プリンに滑るとか滑りにくいとかがあるなんて…。流石はプリン同盟会長。

8段目。
8段。
ちなみに、普通のプリンの時は滑り止めにプリンとプリンの間に、ザラメを引いたりするらしい…!
今日は大丈夫、との事。

サクサク積んで10段。大台突入!
10段目!
そして、12段目。
この辺りになると、プリンの大きさも大分見慣れたサイズに。

そして、とうとう…、
14段!!
積まさった!14段!!

ここまで来ると、プリンというよりはもはやオブジェの様だ。
もはや、
存在感が半端ない。
プリンとは思えない…!!
そしてプリンを積む会長の手さばきが半端ない。
ここまでで約10分位。

最後は展示の主役、安ケ平さんと、安ケ平さんが描いた積まれたプリンの絵と、14段プリンとの記念写真。
記念撮影☆
プリンを積んだ先にプリンの絵があるという演出。見事!!

その後、約40人前のプリンは振舞われ、美味しく戴かれた。
味は優しい感じのプリンで、ほんのりかぼちゃの味、といった所。甘さも控えめで程良くとろりとしていて、とても美味しかった。
会長、ごちそうさまでした!!
それにしても、いいもの見たなあ。
滑らない14段プリン、受験生にもご利益がある、かも。

おまけ。
プリン積みゲーム☆
プリン同盟会員による「プリン積みゲーム」もお披露目。
| おもしろ写真 | 09:31 | - | - | pookmark |