CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
そこでは無かった問題点。

メーカーさんに問い合わせても埒があかず、理不尽に思っていた印刷上の問題2点が、

パソコンに詳しい友人の、やや強引な設定変更によって打破され、じゃんじゃんばりばり印刷出来る様になった。

(本当にありがとう!)

お陰で、インク代はこれまでの半分位になる様だし、

懸念していた大判の印刷も、擦れや滲みがほぼ無くなり、大変に快適になった。

 

となれば。

やる事はただ1つ。

やりあぐねていた製本だ。

という訳で、試作の原寸大大判を製本した。

 

これまでも色々なサイズの製本はしているけれど、このサイズでの糸綴じは初めてだったり。

望み通りの部分、そして懸念される問題点もより明確に見えたので、

ここから年末の空き時間を費やして、年明けには美人さんの公表が出来れば良いな、と思っている。

 

それにしても、サイズが大きいと迫力があって良いなあ。

| その他の制作。 | 23:08 | - | - | pookmark | 昨年の記事
製本完了?

製本完了。

 

…と言いたい所だけど、梅雨時で湿気が気懸りなので、このまま2晩乾燥させてからが、完了。

続きを読む >>
| その他の制作。 | 22:50 | - | - | pookmark |
価値ある重さ。

絵達が、少し長い旅に出る。

 

昨今は、イラストだけなら多くの場合、データだけのやりとりで済ませてしまえる。

郵便局にも行かない、切手も使わない簡便さは好ましくもあるけれど、
紙も送料も掛けなくていい便利さの反面、0と1だけの世界でのやり取りに、実感の無さを感じる事もある。

 

ただ、印刷の世界ではまだまだ紙媒体が世界を行き来していて、

そこでは、多分ずっと同じ様に、物質の質感と視覚が活きている。

 

一昔前の感覚になりつつあるのかも知れないが、

僕は封筒を受け取った時の、ズシッとした紙の厚さと重さが、肚にくる感じがとても好きだ。

 

原稿を入れる際に、折曲がり防止に一緒に厚紙を入れるのだとか、

1枚1枚にトレペやフィルムを掛けるのだとか、

封筒の表書きに「折曲厳禁」の文字を赤で書き加える事だとか、

そういう些細な手間も愛おしい。

 

当日、天候を気にしながら、最寄りの郵便局や集荷場まで原稿を持ち運ぶ時間の高揚感は、いつもワクワクする。

そしてそれは、受け取った側も同じであると思って居たい。

 

 

それはそれとして。

夏に奮闘していた絵達が、12月22日頃発売の本に載ります。
まだ正式公表されてないっぽいので、詳しい事は後日。

| その他の制作。 | 20:59 | - | - | pookmark |
先行する季節。

カレンダー描いて、

クリスマスカード描いて、

年賀状描いて、

ぽち袋作って。

 

もう年は明けた心地。

| その他の制作。 | 23:41 | - | - | pookmark | 昨年の記事
配布前。

現在取り組んでいる絵は、大変に進度がヤバ過ぎる事と、規定がある為、全く公言出来んのですが、

こっちの方は、今月分の入稿に間に合った!

ので、来月より配りまくるよっ!

 

エトモちゃんの、「2017カレンダー展」の参加要項と、10月のワークショップのお知らせです。

去年に引き続き、このハイテンションな面々と、Y100%指定の輝かしい黄色が目印です。

ぜひぜひご参加あれ。

 

イメージはEテレの「2355」の感じ。(好きなので。)

そして、「豆を投げられる2月がまさかの乱入で、逃げ惑うカレンダー達」。

個人的に2月のトラパンが気に入っています。

先にデザインを見た友人からは「豆が納豆に見える」という面白いコメントを頂くなど、

全体的に大変緩いですが、まあ、たまには良いかなと。

 

展示のDMは別に作るつもり。
おもしろおかしくやれれば良いなと思っている展示ですので、どうぞよろしゅう。

| その他の制作。 | 20:17 | - | - | pookmark |
伸ばすのは同じ。

目下製作中で見せられるものが無いので余談でも。

 

全く興味の無い人にはどうでも良い話だけど、

愛用のイケアのズボン用ハンガーは、

こうして、大きめのくるくるされた紙を裁断して、吊るして置くのに大変重宝している。

真っ直ぐに伸びてくれるし、ストックも楽。

ハンガーの所にサイズや紙の品番なども記して置けるので、紙好きの皆さんにおすすめ。

 

| その他の制作。 | 21:52 | - | - | pookmark |
ゲームリリースのお知らせ。

すでにお知らせ済みの方もいらっしゃいます、が!

 

昨年より長丁場で取っ組み合っておりましたアプリゲーム、

石乃浦骨董店さん開発の「ヒュプノノーツ2」が、リリースされました!

 

僕はキャラクターデザイン含むおおよその絵を担当させて頂いてます。

 

画風は前作の絵師さんに似せて欲しいというのが前提だったので、(そこまで似せられなかったけど)

普段のオリジナルとは一癖も二癖も違っとりますが、描いとるのは同じ僕なので、ちょっと違った世界観を見て頂ければ嬉しいです。

本当に、普段描かないものも描いてるものも、ここ以外ではもう一生描かないであろうと思われる様なものまで、色々描きました。

特に仕事以外で人を描く事はほぼ無いので、まあ面白おかしく見て頂ければ良いかな、と思っとります。

 

一応、絵を担当するにあたり、初期の詳しめのストーリーとか設定などは読んどるのですが、

エロいのとかグロいのとかは(自分が担当している絵に関しては)強烈に反対したので、そういう表現は無い。です。

まあ、ただ、言葉的にダークな表現を含む部分もあるので、大人向けのRPGと思って頂ければ良いのかな、と。

 

まあ、メインはゲームそのものだと思うので、絵は完全におかず扱いですが、おかずはおかずなりに気張って貰ってますので、どうぞ絵達をよろしくお願いします。

良かったらダウンロードなり、プレイなり、して頂けると嬉しいです。

宣伝も頂けるとなお嬉しいです。

 

個人的には、ひとまず3万ダウンロードを越えたいかな、と思ってます。

というのは、この数字が、やりたいと思ってる絵本の世界で、ヒットを飛ばしたと言える実質的な数字だから。

まず此処を越えて行きたいです。

そして、絵本に繋げたい。

 

後、人気如何によっては、追加でオプションのイラストとかグッズとかも描くかも知れないですが、

ひとまず、ご依頼分のイラストは本日全てOKが出ましたので、これにてご報告とさせて頂きます。

いやー、描いた描いた。

 

それでは、どうぞよろしゅう。

| その他の制作。 | 20:39 | - | - | pookmark |
物々交換の行方。

納品、というのが正しいのかどうか。

頂いた、と言ってしまって正しいのかどうか。

 

先日、鋳金作家の松坂さんに、お店用のキーホルダーを作って頂けないかとお願いしていたのだった。

その時に、消しゴムハンコのご依頼を頂いた。

そして、お互いに作れるものを作って交換しよう、という事になったのだった!

 

作って頂いたのが、こちらのキーホルダー!

この、アルファベットのパーツだけを元々所有していて、それをキーホルダーに出来ないかなあとずっと思っていたのだった。

技術的な事を色々と手をかけて頂いて、パーツもしっかり止めつつ、魚の尻尾みたいなデザインが可愛い。

革と金具もご希望に沿って頂くという、いたせりつくせり具合。

なめ革と真鍮で合わせて頂いたので、使い続ける時間と共に育っていく筈。

 

本当にどうもありがとうございました!!

じっくり使わせて頂きます〜!

 

ちなみにこちらからは、この様な感じのものをお渡ししてみた。

気に入って頂けてると良いなあ。

| その他の制作。 | 00:01 | - | - | pookmark |
佇めば家、集まれば街。
先日の県令邸の展示がご縁で、県令邸のミニノート(簡易版)を大量注文製作中。
切ったり折ったり立てたり。

建てたり!!!!
これだけで街が出来そう。

切ったり折ったり、
※まだ全冊仕上がっておりません!もうしばしお待ちを〜。
| その他の制作。 | 22:56 | - | - | pookmark |
春宵。
迷っても、それすらも吐き出さなければ進めもしない旅路。
ほぼ決定稿での、テストプリントとのにらめっこ。
自分の熱さと局地的な視野を、静けさと鳥の高さの目線から問い直してみる。
知っていて読めるのと、知らないで読めるのとは全く別の視点が必要だから。

作りかけ。
そうして出来上がってきたものは、何処となくうきうきした春の空気を掬い取ってしまっていた。
甘さに、僅かな苦さと酸っぱさが混在している様な気がする。
まるでブルーベリーとか、ラズベリーのジャムの瓶のラベルみたいだ。
| その他の制作。 | 22:58 | - | - | pookmark |