CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
星は、流れる旅路の様に。

ご依頼故の子達は、それぞれのおめかし具合が自ずと限られて来るんだけど、

何処へ行くか分からない、旅人の様な子達だったので、

単純に、自分が欲しいものを作ってみた。

 

 

 

めっちゃ可愛いと思う。

 

旅支度整い次第、白鳥の停車場さんの「ケンタウル祭」に贈り込むよ。

 

| グッズ。 | 22:25 | - | - | pookmark |
更に、ちょこっと納品。

連休もあって、お出掛けする方も多いかと思うので。

 

お世話になっている旧石井県令邸さんに、「県令邸のミニノート」を納品してきました。

 

罫線入りで、ちょこちょこメモるのに便利なサイズです。

何気に、表と裏のイラストを変えてるとこがお気に入り。

 

旧石井県令邸さんでは、連休中もイベントがあったり、展示があったり盛り沢山な上、

この時期は紺屋町スタンプラリー・「紺スタ」も開催されています。

この機会に立ち寄る方も多いかと思うので、お見かけの際は、どうぞよろしゅうお願いします。

| グッズ。 | 20:12 | - | - | pookmark |
注文分を、メリークリスマス。

人様のご注文分の年賀状を仕上げて、自分の分はいつもの如く棚上げし、

 

来年に間に合わせたいご依頼分を、サンタさんの袋に入れて準備中。

 

トナカイさんが大渋滞に巻き込まれません様に。

| グッズ。 | 22:24 | - | - | pookmark |
ふさふさ、させたかったので。

田舎laboさんには、新商品の納品もしてきた。

新作の、「犬・猫しおり」だ。

 

これまでも、しおりを作っている最中ずっと、

このふさふさを、もっとふさふさらしくアピール出来るものが作れないだろうか、と黙々と考えていて、

いっそしっぽをふさふさにすれば良いんじゃないか、と思いついた、やや個人的趣味に寄った製作物だ。

その為、心の中ではしっぽふさふさしおりと呼んでいる。

 

今年は戌年、という事もあり、身近な動物から入りたかったので、

 

犬と猫の2種類を作ってみた。

型抜きしたり、実は趣向を凝らしている作りでもあるので、どうぞよろしゅう。

| グッズ。 | 16:07 | - | - | pookmark |
親子、みたいなノート。

先日、旧石井県令邸さんに県令邸のミニノートを納品しに行った際、

自由帳(大)・自由帳・ミニノートの3サイズ全てが完売していた為、

気合を入れて、自由帳(大)を追加納品してきた。

 

サイズ感でいうと、こんな感じ。

 

ミニノートは線入り、自由帳は無地になっている。

お見かけの際は、どうぞよろしゅう。

 

そして、旧石井県令邸さん今年度の開館は今週末26日(日)までなので、ご注意を。
最終日までは、展示もやってるよ。

*************
Bulgaria Art Ship in MORIOKA
2017.11/20月-11/26日
11:00-17:00(最終日16:00まで)
*************

| グッズ。 | 22:37 | - | - | pookmark | 昨年の記事
昨日は雨の音。

何だかうっすら積もり始めた天気だけど。

明日は、旧石井県令邸さんに県令邸のミニノートを納品しに行くよ。

 

お見かけの際はどうぞよろしゅう。

 

ちなみに明日から、県令邸さんでは「Bulgaria Art Ship in MORIOKA」が開始されるそう。

今季最後の展示(冬は冬眠)なので、良ければぜひ。

*************

Bulgaria Art Ship in MORIOKA

2017.11/20月-11/26日

11:00-17:00(最終日16:00まで)

*************
 

それはそれとして。

自分がお店を閉めといて言うのも何だけど、六分儀さんの閉店、フランフランの撤退、イチノベパンの倒産等、ざわざわするニュースが続いているのが気になる…。

続きを読む >>
| グッズ。 | 20:54 | - | - | pookmark |
「2018カレンダー」、リリース。

待っていた方も、そうでない方も、お知らせです。

「2018カレンダー」が、出来たよ。

 

1つは、ポストカードサイズのカレンダー。

絵柄は、2016年個展の時の描き下ろし、「光の標本箱」のイラスト。

 

そして、もひとつは、昨年は時間と絵の枚数が間に合わなくて作れなかった、A4サイズのカレンダー。

2016年〜2017年の、オリジナル描き下ろし。

今年はこの2種類で、勝負に出たいと思います!

 

見本は毎度の如く、エトモちゃんに用意しているので、現物を見てから、という方はお店にてご確認下され。

(というか、A4のは今、見本しかなくて、後は受注で受けようと思ってます。今年も動きが早いよ…!)

他に実店舗だと、花巻の「白鳥の停車場」さんに置いて頂けています。

面識ある方は、直でメール頂いての確保も大丈夫です。

 

業務業務してますが、お見かけの際は、どうぞよろしゅう。

続きを読む >>
| グッズ。 | 23:16 | - | - | pookmark |
新作ノートを制作中、その2。

引き続き、新作ノートを制作中。

今度は、宝石。

 

ルビーは、罫線入りのノート。

 

見返しは、花火みたいな雫の紙をチョイス。

 

トパーズは自由帳タイプ。

 

この間の「霧」のノートとは逆順の虹の配色にしてみた。

見開きも同じく、クラシコトレペ星くずし。

 

本当は、エメラルドも作ってみたいのだけれど、6角形は強度に工夫が必要なので、今回はこの形まで。

これも、「ケンタウル祭」に出展するよ。

 

そして、明日からは、エトモちゃんで「天体観測展」。

製本、急な入稿、おまけの知恵熱で作業が圧してますが、

みかんの缶詰で回復を図りつつ気張りますので、こちらもどうぞよろしゅう。

 

| グッズ。 | 21:59 | - | - | pookmark |
新作ノートを制作中。

製本用の紙を注文するついでがあったので、材料を揃えて新作ノートも作ってみた。

 

まずは、「雨」のノート。

手製本だからこそやれる、8角形の角落とし仕様。

 

見開きには、雨を。

 

こっちは、「霧」のノート。

 

見開きは、クラシコトレペ星くずしで、霧っぽい透明感を。

この紙も、製本の難しい紙なので、ここぞとばかりに使用。

虹も重要なキーワードである事と、単純に心ときめくからという理由で、中身も虹っぽい配色に。

 

どちらも、「十力の金剛石」のイメージから。

7月7日からの「ケンタウル祭」に出展するつもり。

(↑意図が分からない方は、白鳥の停車場さんに行く前に「十力の金剛石」を読破しておく様に!)

そして、一言で言ってしまえばゴミなのだけれど、カラフルな紙を使った時の切り屑が、とても綺麗。

こういうのも、製本の時の楽しみの1つだったりする。

続きを読む >>
| グッズ。 | 22:28 | - | - | pookmark | 昨年の記事
種蒔きと、果樹園。

新作のハガキ。

 

いわいずみの出展もかねて、少し新作のハガキを作り足した。

オリジナルのハガキは久しぶり。

お仕事やご依頼や展示など、見せる事や必要に迫られての、果樹園も必要だけれど、

何の芽が出るか分からない、こういう空き地の雑草みたいな場所も、耕しておきたいと願う。

| グッズ。 | 21:17 | - | - | pookmark | 昨年の記事