CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
『冬のゴーシュ』

*『冬のゴーシュ』

Ghosh on a day with winter

(3 etudes)

watercolor/colored pencils

Illustration by SAHARA Kyoya

 

1.watercolor ver. (original)

いつもの。

明るめの配色、そして最上の塩梅で可愛い感じも出せる、僕にとって最もスタンダードなタイプ。

 

2.watercolor ver. (universal)

縁なしver.

繊細さと普遍性が出せる一方で、隣接面が乾かないと続けて塗れないというのがネック。

まあ、舞台がフランスなら、これ位の墜とし具合の方が合う、のかな。

後、見た目が一番、「プロ」っぽい。

 

3.colored pencils ver.

色鉛筆ver.

僕は全体的にキリッとした線が好きなので、画面が固くなりがちなのだけれど、その固さを和らげてくれる感じに仕上がる。

思うより「可愛い感じ」に仕上がるのと、乾いた感じがあるので、使い所次第。

 

どれが一番、フランスっぽく仕上がるかなぁ。

| おえかき | 20:31 | - | - | pookmark |
明けない夜と、眠らない夜。

ようやく、「2番目の弦が期待に遅れる」の意味が、体感として分かる様になってきたので。

 

 

年配の男性、と取る向きも有るけれど、

僕はゴーシュを、小生意気な年頃の青年だと思っている。

音楽の平坦さは、年齢による経験の浅さ、な気がするし、

夜中にごうごう弾いていて、という夜更かし具合が、青さを感じさせるからだ。

 

 

それと、これは個人的な実感としてだが、楽器を弾くのは、凄く体力と気力を使う。

夜通し、恐らくそれなりの難度の曲を弾き続けている合間に、動物達にちゃちゃを入れられたとして、

正直、怒っている気力なんて無いだろう。

動物達のやり取りにいちいち癇癪を起こす、という元気の有り余っている加減というか、エネルギーを持て余した振る舞いが、尚の事、青さを感じさせるのだ。

 

 

そういう目で見て行くと、

猫の舌でマッチを擦る野蛮さも、カッコウを逃すのに窓を割ってしまう短絡さも、

全て、若気の至りで済ませてしまえそうな気がする。

 

 

まあ、僕は、全てを想像で描けるタイプでは無いので、まだまだ実感が必要だし、

舞台もフランスらしい、という所まではおおよそ突き詰めたけれど、

確信を得るには、現場に行ってみないときっと納得出来ないので、もうしばらくは掛かりそうなもの、だけど。

誰か、チェロ触ったり試し弾きさせたりしてくれないかなあ。

 

| おえかき | 23:24 | - | - | pookmark |
Making before and after.

出来上がったから良かった様なものの、

 

 

ギリギリ、というよりアウトだったんじゃないか、と思われるクリスマスのイラストの、一部始終。


 

続きを読む >>
| おえかき | 22:22 | - | - | pookmark |
Merry Christmas!

どうぞ、良いクリスマスを。

| おえかき | 23:07 | - | - | pookmark |
今宵の配色計画。

 

どっちにするか考えがまとまらなかったので、ひとまず手を動かしてみる。

| おえかき | 23:37 | - | - | pookmark |
線と面のバランス加減。

今週末は「てどらんご」。そして月末は「ナナイロ展」。

という感じで、それなりに描くものも出すものもあるんだけど、

合間を縫って(という名の現実逃避で)、10月の個展のラフ描き。

 

ちょっと実験的な事を試みているので、今のうちに種蒔き、もとい、葉を出す所までは育てておきたいなあ。

 

| おえかき | 20:24 | - | - | pookmark |
花より、団子派。

だんだん桜餅が食べたくなってくるなあ。

| おえかき | 20:01 | - | - | pookmark |
こっちはこっちで、猫。

猫の絵のお仕事。

 

 

 

 

 

 

北から南から、ご依頼どうもありがとうございます。

みんなもふもふで可愛かった…!

| おえかき | 22:05 | - | - | pookmark |
2月の猫まみれ。

2月の注文分描き。

| おえかき | 21:12 | - | - | pookmark | 昨年の記事
天然冷蔵庫の思い出。

盛岡に来たての頃、年配のご婦人のお家にお邪魔する機会があり、

その時に、

「うちは冷蔵庫がないの。夏は畑から取って来ればいいし、冬は外に出しておけばいいじゃない。」

と言われ、内心度肝を抜かれたのだが、

冬、特にこんな寒さが続くと、妙に納得してしまう。

 

絵の中はもう、春なんだけどね。

| おえかき | 21:31 | - | - | pookmark | 昨年の記事