CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
現実も、見てみる。

年末進行という名の魔物とも仲良くなり、ようやく年内のスケジュールの兆しが見え始めた。

ので、少しずつ、期日に余裕のあるイラストやら、

エトモちゃん優先でおざなりになっていた、個人の楽しみの絵等にも手を付けつつある。

 

この所、何故か建物を描く機会を多く頂いていて、

動物好き、フリーハンド好きとしては、この無機質で直線的な事物を求められる事が、少しばかり意外だったりもするし、

その反面、少し距離のあるモチーフの方が、見る側には見易いのかも知れないな、という軽さもあって、地道ながら割と進められている感じだ。

こちらとしても、とある絵達にしばらく渾身を与えてしまっていたので、この位の距離がある絵の方が、今は丁度良いのかも知れない。


そして、図書館に資料の本を借りに行く、からのルーティンになっている、

駅前のカプチーノ詩季さんでのまどろみタイム。

サラダにうさぎちゃんりんごが乗ってくると、冬が来たなあと思う。

気まぐれにメニューに登場してくるエビドリアもあったので、こちらもおすすめだよ。

| おえかき | 19:24 | - | - | pookmark | 昨年の記事
テストピース制作、その2。

もう一つ、テストピース制作。

イメージは「十力の金剛石」中の、野バラ。

 

1、下描きのち、下地塗り。普段より強目の色を乗せてみる。

 

2、わわわわー、と、塗り。

 

3、背景の濃いめの色を足して、完成。

| おえかき | 22:38 | - | - | pookmark |
テストピース制作、その1。

大掛かりな制作が終わった事と、待ちの時間があったので、テストピース制作。

こういう輪郭線のあるタイプの絵は、散々描き倒してきたので懐かしい心地がする。

そして、高校の時からほぼ画力が変わってないのはいかがだろう、とも思う。

 

1、ケント紙(ツルツル)に、シャーペン(B)で下描き。

背景を黒の色鉛筆で清書。うろ覚えのカワウソをペン入れ。ゴムかけ。

 

2、水彩で塗ってみる。

 

3、途中で飽きたので、色鉛筆に切り替えてみる。で、完成。

(テストなのでテイストを確かめられれば、それでOK。)

| おえかき | 23:30 | - | - | pookmark | 昨年の記事
女の子でも、ヒゲ。

練習。

 

 

ヒゲがあっても、ツノがあっても、女の子。

というヤギも居るので、何となくややこしい。

| おえかき | 22:48 | - | - | pookmark | 昨年の記事
ちゃんと制作。

 

2018年カレンダー用描き下ろし。

| おえかき | 23:31 | - | - | pookmark |
描きかけの方が好き。

プレゼンとか打ち合わせとかで、ちゃんとしたラフが必要な場合を除けば、

普段の制作は、この位のラフを引いたら清書に移ってしまう。

 

短距離派思考なので、下描きの段階で描き込み過ぎると、

飽きたり、気持ちが続かなくなったり、描き出した時の気持ちから随分と変容したものが仕上がってきたりするからだ。

 

 

ラフを描いた方が、客観性や冷静さも加わるので、質だけを求めるなら、その方が近道だと分かっている。

それでも、砂金採りみたいに、泥や砂の混じった一塊をぐるぐるするのに楽しみを興じているのだから、

そういう楽しみは残した侭、この線や世界が彩られれば良いなと願う。

| おえかき | 23:12 | - | - | pookmark | 昨年の記事
事前計画は入念に。

普段は、思った時の気持ちをそのまま紙に落としたいので、

ざっくりとラフを描き、後は道なりにアドリブで進めるのが好きだけれど、

ラフに精度が求められる時だとか、先に仕上がりのイメージが必要な時などは、

下描きや配色を立ててから、着彩に移る場合もある。

 

今回は、失敗した時のやり直しが面倒そうなので、事前に配色計画中。

| おえかき | 23:31 | - | - | pookmark | 昨年の記事
今年も、ぷるぷるするやつ。

久々に、自分の絵。

夏は、プリンだよ。

| おえかき | 21:48 | - | - | pookmark |
Reach a star.

来月の、「ケンタウル祭」に向けて制作中。


ドロワーズ履いてるみたいな、もこもこの鳥さんが好み。

| おえかき | 21:51 | - | - | pookmark |
「胎教コンサート」のイラスト掲載。

恐ろしく寝れなくて、沈黙していた分の、絵の掲載などが続いとります。

 

エトモちゃんの展示などなどで、一方的にお世話になりまくっていた、

岩手(主に内陸)のフリー情報誌、『マ・シェリ』さんの「胎教コンサート」のイラストを描かせて頂きました。

ご依頼の内容に沿って、珍しく、人を描いとります。

仕事以外では本っ当に描かないので、ある意味レアかと思われます。

色を青にしたのは、開催時期が夏なので涼しくしたかったから!

 

コンサート開催まで、関連の色々にしばらく登場するかと思うので、お見かけの際はよろしくお願いします。

それにしても、不特定多数の方の目に触れるイラストは、心密かに燃えるなあ。

 

そして、指定が自由なのを良い事に、

頼まれてもいない鳥さんを、好きに描き込んだ鳥好き。

| おえかき | 21:11 | - | - | pookmark | 昨年の記事