CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
「ケンタウル祭vol.4」、始まりました。

ここ最近、ド派手な納品が続いてて、お知らせやらが後手に回っとりますが!

 

本日より、白鳥の停車場さんの「ケンタウル祭vol.4」が始まってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ケンタウル祭vol.4

場所 白鳥の停車場(〒025-0014 岩手県花巻市高松第26地割3)
日時    2019年7月7日(日)〜8月31日(金)
※期間中の定休日は設けない予定です
営業時間 10:00〜16:30(週末のライトアップ時期は夜間あり)  
作品内容 宮澤賢治さんの、星の世界をテーマにした作品展
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

押しに押されてギリギリに送ったけども、無事に初日に間に合った様です。良かった!

白鳥の停車場の駅長さんや駅員さん、そしてご一緒の作家の皆さん、ご覧になる皆さん、どうぞよろしくお願いします。

 

で。

一応広報用に写真を撮り直してみたので、そっちも載せときます。

 

 

 

 

 

minneの方に、同じだけど画像大き目のも載せといたので、気になってる方は参考にご覧下され。

ただし、こないだ載せた品物と全く同じなので、賢い皆さんは背景マジックに騙されない様に。

…それにしても、雰囲気で随分変わるなあ。

 

ではでは夏休みの間、どうぞよろしゅうお願いします。

| おしらせ | 22:08 | - | - | pookmark |
「ケンタウル祭vol.4」、参加のお知らせ。

友人に、余裕がある時は、青龍さまの所に水を汲みに行く。と話したら、

「それって、野生の水?」と聞かれる。

………野生の水で淹れた紅茶は、とても美味しい。

 

そんな事はさておいて。

 

既に、他の参加作家さん達のご案内で、知ってる方も居るかとは思うけども。
今年も、こちらに参加させて頂きます。


「白鳥の停車場」さんの、「ケンタウル祭vol.4」です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ケンタウル祭vol.4

場所 白鳥の停車場(〒025-0014 岩手県花巻市高松第26地割3)
日時     2019年7月7日(日)〜8月31日(金)
※期間中の定休日は設けない予定です
営業時間 10:00〜16:30(週末のライトアップ時期は夜間あり)  
作品内容 宮澤賢治さんの、星の世界をテーマにした作品展
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょうど、画題に沿う形で進めたいと思っていた絵もあったので、新作を少しだけ持って行くつもり。

デザインは毎度おなじみ、美麗イラストが美しい、RubbishARTさん作です。

ご案内は画像が無くても良いよ。というお話だったので、前回同様名前だけ載っけて頂いとります。
むしろ他の参加作家さんが素敵な作品を作る方ばっかなので、僕のはカレーの福神漬け位の気持ちで見に来て貰えたらいいんじゃないかと思っとります。

どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 07:24 | - | - | pookmark |
まだまだの冬ごもりと、ちょこっと納品。

冬ごもりが明ける前に、と、花巻の「白鳥の停車場」さんに、納品に行って来た。

 

これは、年末にどっちゃり作っていた定番品。

以前ちょこっとお知らせしてたかと思うけれど、今年からお取り扱い品目をガッツリ減らして頂いたので、この絵柄3種類のみを大量にお納めした。

 

店内は模様替え真っ最中で、新しい作品等も増えていた。

そんな中、前々から探していた、瓶入りの水晶マカバと、

個人的に、今絶賛取り調べ中の琥珀を入手してきた。

形になるにはもう少し掛かりそうだけど、これでもう1つ、足掛かりが増えると良いなあ。

 

今の所、土日のみの営業らしく、ゴールデンウイーク辺りには通常営業に戻るそう。

お近くにお立ち寄りの際は、どうぞよろしゅう。

 

| おしらせ | 21:39 | - | - | pookmark |
「北の文学」の、挿絵。

ちょっと遅くなりましたが!

絵達の大切なお知らせ、もとい、宣伝です。

 

ご縁ありまして、岩手日報社さまの文芸誌「北の文学 第77号」の挿絵を2点、描かせて頂きました。

どうもどうもありがとうございます!

 

大御所の皆様方がガッツリイラストを描いている所に入り込んでて恐縮ですが、精一杯務めさせて頂きましたので、どうぞよろしゅうお願いします。

岩手県内の本屋さん、そしてAmazonさんでも取り扱ってる様です。

11月28日より発売中!ですので、ぜひぜひ買って下され。

 

僕は子供の頃から、「国語か道徳の教科書に絵を描くひと」になりたくて此処に居るので、

形は違えど、文を書ける人に絵を描く。という行為はとても光栄です。

そう思うと、ずっとやってる事変わらないな、とも思いますが、嬉しい事はちゃんと言っとこうと思ったので、

感謝の意を込めて、此処に記しておきます。

本当にどうもありがとう。

 

ちなみに。

印刷はモノクロですが。

大先輩から、「カラーで描いてグレースケールにしても良いよ。」とアドバイスを頂いたので、

表題の方の原画は、カラー仕様で制作してます。

魚ちゃんの方はモノクロ仕様。(描く前のイメージが既に黒白であがってたので。)

| おしらせ | 23:12 | - | - | pookmark |
撤収と、改定と、着地点。

ちゃんとしたご報告は、後でエトモちゃんの方に久々に載せるので、こちらは私的な部分を含めつつ、ご報告。

 

まずは、撤収の事。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展も終わったので、いちびっとさんにお預けしていた作品達を連れ帰って来た。

4ヶ月の間、見たりお買い物して下さった皆様、どうもどうもありがとうございました!!

もちろん僕の作品が居ないだけで、他の作家さんの作品は前回伺った時よりボリュームアップしていた位。

なので、お近くにお立ち寄りの際はぜひ覗いてみて下され。

 

そして、白鳥の停車場さんの納品、&、改定。

こちらには、お言葉に甘えて、置きたい作品を置き続けた為、大分カオス化していたので、

冬眠に近づくこの機に、人気のポストカードとしおりだけを厳選して置いて頂く事になった。

 

「白鳥の停車場(下)」、「夜空の記憶(左)」、「蠍火(右)」の3種だ。

甘いモノ好きとして、砂糖菓子になってしまうサギも気に入っているのだが、ライトなファンにはとっつきにくい様なので、この3種という事になった。

まあ、蠍は、意外と虫っぽくて、可愛く描くのがコツがいるな、と思ったので、気に入って頂けるのは嬉しい限り。

で、ミニ絵本他、お家に帰って来た子達も居るので、この子達は、近々エトモちゃんの方の販売ページに載せときます。

気になる方はこちらもよろしゅう。

 

そして、田舎laboさんの「コロンブスのたまご展」に出展中だった、ドラゴンちゃんも役目を終えて戻って来た。

改めて、10月28日まで開催していた、「コロンブスのたまご展」をご覧頂きました皆々様、どうもありがとうございました!!

 

11月17日(土)からは、「お鍋のときのあの器展」という事で、お鍋のお供の器の展示があるそう。

これからの寒い季節にぴったりの展示だと思うので、お鍋好きはぜひ。

 

という事で、2018年11月現在のグッズ扱いはこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーー

・旧石井県令邸 さま

 (オーダーミニノート)

・白鳥の停車場 さま

 (ポストカード・しおり)

・田舎labo さま

 (ポストカード・レターセット)

ーーーーーーーーーーーーーーー

後は、ちょいちょい新聞とか雑誌とかのイラストもやっとります。(名前出ないのも含め。)

続きを読む >>
| おしらせ | 23:02 | - | - | pookmark |
個展・「きぼうのはこぶね」のお知らせ。

先月まで個展やってたのに、またか、と思われる方も居ると思うけども。

10月はクラムボンさんで個展をさせて頂きます。

 

ーーーーーーーーーー

「きぼうのはこぶね」
2018.10.8(月・祝)〜2018.10.20(土)
10:00〜19:00(10.8は18:00まで)(水・日 休)
場所/クラムボン (盛岡市紺屋町)
ーーーーーーーーーー

 

という訳で、じわじわDM拡散中。

 

今回のDMはやや「弱い」というか、

煮詰まった末に上澄みを掬ったら、いささか透明で澄み渡っていた、みたいな気持ちに仕上がった。

後は、口に含んだら濃厚だった、みたいな塩スープの様なれば良いんかなあ。

後1ヶ月、ひとまず試みてみようっと。

 

お見掛けの際はどうぞよろしゅう。

| おしらせ | 20:05 | - | - | pookmark |
今年の「ばん茶せん茶」。

ご連絡が遅くなってしまったけども!


今年も岩手日報さんの「ばん茶せん茶」コーナーの、カットを描かせて頂きました。

〆切が件の猛暑の最中だった事に加え、
9月上旬という、夏なんだか秋なんだか微細な時期だったので、


夏にも秋にも見るけど、どっちかっていうと秋かなー、というモチーフで茶を濁してみた。

 

9月15日位まで?載ささってます。
機会あれば、どうぞご覧下され。

続きを読む >>
| おしらせ | 00:12 | - | - | pookmark |
「ケンタウル祭」、開催!

白鳥の停車場さんでの「ケンタウル祭」は、7月7日から!
という事で、お納めした原画の話でも。

今回のテーマは「銀河鉄道の夜 ー消えた博士の足跡ー」という事で、「銀河鉄道の夜」の第3稿が元になっている。
なので、ブルカニロ博士に関する何かを描ければ、と思っていたのだけれど、
博士にまつわる内容で取っ掛かりが掴めなかったので、うっちゃって、

いかにも銀河鉄道、みたいな感じの描きおろしを2枚、納めてきた。

 

1枚は、繊細な、水晶の寄木みたいなガラスの額の方が手に入ったので、透き通る天の川の水沿いの列車の様を。

もう1枚は、銀河鉄道の車内に飾られてるエンブレム、みたいなイメージで制作してみた。
個人的に白い背景が好きなので、このすっきり感がとても心地良い。
まあ、何となく、ギッシリ塗ってある方が先に養子に出そうな気はするけど。

 


後は、「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えてゐる。」の記述みたいに、とにかくキラキラさせたかったので、

金・銀・水晶の粉と、キラキラさせるものを盛ってみた。

決してギラギラでは無く、近くで見たらそうかも、という位の仄かさなので、キラキラしている所を楽しんで頂ければな、と思う。
気になった方は、一期一会の出会いをお楽しみ下され。

また、他の作家さんの素敵な作品がやってきているので、そちらもまじまじゆっくり堪能して頂けたらと願う。

白鳥の停車場さんには、宮沢賢治関連の色々なグッズや鉱石類も充実しているので、それも含めて眺めるのも楽しい。

それでは、どうぞよろしゅう。

ーーーーーーーーーー
「Vol.3 ケンタウル祭」
2018.7.7(土)〜2018.8.31(金)
10:00〜16:30
場所/白鳥の停車場 (宮沢賢治童話村駐車場内)
*9.1 17:00〜「みんなで”烏瓜の灯り”をつくろう」も開催。
ーーーーーーーーーー

| おしらせ | 12:24 | - | - | pookmark |
今年の「ケンタウル祭」へ向けて。

まだ梅雨が明けていないらしいのに、車のボンネットで焼肉が出来そうなジリジリした日差しの中、

卵をこよなく愛する加村なつえさん、そして敏腕マネージャーのMさんに便乗させて頂いて、「白鳥の停車場」さんへ行って来た。

 

何故なら。

お待ちかねの「ケンタウル祭」が、7月7日から始まるからだ。

それに先駆けて、新作を納品したかったのだ。

 

今回は、「手に取りやすい小さめの原画を」とのお達しを頂いていたので、

何だかんだ悩んだ挙句、結果としていつも通り、自分が家に飾りたい風のイラストを2点、お納めしてきた。

 

そして、以前にもちらっと書いた通り、
金彩・銀彩の他、「水晶の粉」を絵の具に混ぜ込んで描いている。
おおよそ印刷前提の工程では使い難い技法なので、この機会にぜひ楽しんで頂けたらと願う。
「お祭り」でもあるので、(僕にしては)お財布に優しいお値段で原画をお出ししている。
画像は初日に紹介したいので、この場では伏せておくけど、

まあ、養子に迎える事も出来るので、気になった方はどうぞ。
 

加えて、来たるべき夏休みに向けて、涼しげな定番のクリアファイル入りレターセットや、

新しくお取り扱い頂ける事になった、件の絵本「まてまてトランプ」もお納めしてきた。

大船渡のおはすさんでの展示に先駆けて予習?したい方は、先に買っちゃっても良いかも。

どうぞよろしゅう。

 

ーーーーーーーーーー
「Vol.3 ケンタウル祭」

2018.7.7(土)〜2018.8.31(金)
10:00〜16:30
場所/白鳥の停車場 (宮沢賢治童話村駐車場内)

*9.1 17:00〜「みんなで”烏瓜の灯り”をつくろう」も開催。
ーーーーーーーーーー
 

また、ちゃっかりのご同行を快く引き受けて下さった加村さん、Mさん、本当にどうもありがとうございました!

 

せっかくなので、最後にインスタ映えを推されていた「わさび冷麺」を含むごはん風景でも、どうぞ。

| おしらせ | 21:39 | - | - | pookmark | 昨年の記事
「ナナイロ展」、終了。

昨日6月2日をもちまして、彩園子さんで開催していた「ナナイロ展」が無事に終わりました。

見に来て下さった方々はもちろん、

沢山の応援・ご協力を頂きました作家周りの皆様方、

会場をお貸し頂いた彩園子さん、

そして、発案者の加村なつえさん、同じく参加作家のDJ R.I.Pさんにも、大変感謝しております。

贈り物等も沢山頂きまして、本当に本当にありがとうございました!
 

さて。

展示中の多くは、加村さんやDJ R.I.Pさんが載せているので、

僕は書きそびれていた、初日のオープニングパーティーのよしなしなどを。

 

ゆるゆると始まったオープニングパーティーでは、

加村さん作の、見目麗しい「金魚ゼリー」が振舞われたり、

 

 

プリン同盟会長にお願いしていた、プリン積みのパフォーマンスがあったり、

 

DJ R.I.Pさんのユニットによる、口琴(こうきん)ライブがお披露目されたりしとりました。

それぞれがそれぞれに、好きな事を持ち寄った感じの盛り沢山加減でした。

 

僕の企みにより実現して頂いたプリン積みに関して言うと、

ナナイロ展にちなみ「7段」で、

カラフルにしたいから「2色(しましま)」で、

誕生日祝いも兼ねての「誕生日仕様(花火付き)」にして、

という、

いい大人の、容赦無い我儘を実現してくれた、プリン同盟会長の広いお心遣いに感謝しています。

どうもどうもありがとうございました!!

もちろん、味は言わずもがな、大変に美味しかったです。

自分の持ち帰り用に、ちょっと多めに頼んでおくんだった、と終わってから思った。

…次回頼むなら、そこまで企てようっと。

 

「ナナイロ展」は参加メンバーを増やしつつ、次回は八幡町の八藝舘にて、10月に開催決定だそう。

不参加者として、パワーアップした展示を楽しみにしようと思います。

 

で。

休む間も無く、次の展示の予告です。

次回は7月22日より、おおふにゃと、じゃなかった大船渡にて、

猫ばっかりの新作絵本、「まてまてトランプ絵本原画展」を開催させて頂きます。

今月中にDMを仕上げて配りまくる所存ですので、こちらもどうぞお楽しみに。

 

ではでは、本当にどうもありがとう。

| おしらせ | 20:45 | - | - | pookmark | 昨年の記事