CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
ユカダン。

今朝の盛岡は、積雪47cm(気象庁?調べ)と今年1番の雪だったらしく、

窓が開かない、からの、開いたと思ったら、

ミニ樹氷が出来てる、という具合の積もりっぷりだった。

雪に着地したスズメさんが思いの外ズボッと沈んでしまい、あたふたしていた。

 

それはまあ、それとして。

ご依頼が立て込んだりしていて、

なおかつ、クライアントさんの所へお届けする納品が一時、配送準備や日時指定等で滞ったりしてしまうと、

家の床に集団のダンボール達が、待機する事となる。

 

そして、それらのダンボール箱(の資材)は、おおよそ全てが「使用中」なので、

重ねられる事無く、並列に置かれる事になるのだった。

 

ともあれ、来週には、ご予約分をお届けするよ。

| 雑記 | 20:03 | - | - | pookmark | 昨年の記事
只の我が侭。

イラストレーターやデザイナーというのは、見栄え良く美しいものの様に捉えられたりもするが、

実際の所は、シンデレラに魔法を掛ける魔法使いの役なので、シンデレラの満足を思って魔法を使う事になる。

ただ、そうやって、常日頃誰かの為に魔法を使い続けて居ると、

自分の為にも魔法が使える事、自分の為に魔法を掛けられる事を、忘れてしまったりするのだった。

 

立場上、周りの見え方というのは気にもなるし、

ともすれば誰かの人生を変えてしまうかも知れない、と思えば、慎重にもなるものだ。

ただ、そこに自分個人の倖せが重なるか、といえば、場合による訳で。

 

この際、外の由無し事はうっちゃって、

僕はシンプルに、

自分の為と、魔法を掛けたいと願う特定少数の人達を想って、魔法を使う事にした。

それは、指折り数えてみて、名前を思い出せる個人個人に宛てた手紙の様なものだ。

だから、魔法を掛けて欲しいと望む不特定多数の全てに、響かなくても構わない。

 

そもそもが、只の僕個人の我が侭なのだから。

| 雑記 | 20:14 | - | - | pookmark | 昨年の記事
参加の予定、などなど。

ちょこちょこ公表されつつあるので、こちらでもお知らせを。

まずはこちら。
昨年より参加していた、「東京スカイツリー(R)アート2018」の受賞者が発表されました。
入賞の皆様、おめでとうございます!

応援頂いた皆様、そしてお買い物頂いた皆様も、どうもどうもありがとうございました!!
入賞には絡んでないけど、一次入選ポストカードは引き続き、「THE SKYTREE SHOP 1F・5F」にて、3月末まで販売しているので、機会があればよろしくお願いします。

 

で。

もう来月に迫っているんですが、

岩泉のナドダーノさんで開催の「ミャゴミャゴ2018」に混ぜて頂きます。

 

昨年はお客さん側で楽しんでたけど、今年は参加する側なので、更に楽しみ。

新作も準備出来つつあるので、遊びに来て頂けると嬉しいです。

猫だらけになりつつ、お買い物に観光に、商店街を巡るのがおすすめ。

ーーーーーーーーー
「ミャゴミャゴ2018」
日時:2018年3月17日(土)〜3月31日(土)12:00〜17:00
 ※19日(月)、26日(月)は休み
場所:ナドダーノ(岩泉町岩泉字村木54)
お問い合わせ:ナドダーノ TEL/FAX 0194-22-2615
ーーーーーーーー

 

後、も少し先になるけど、5月末はグループ展、10月は個展が入っているので、その辺も近くなったらお知らせします。
という訳で、どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 20:12 | - | - | pookmark | 昨年の記事
天然冷蔵庫の思い出。

盛岡に来たての頃、年配のご婦人のお家にお邪魔する機会があり、

その時に、

「うちは冷蔵庫がないの。夏は畑から取って来ればいいし、冬は外に出しておけばいいじゃない。」

と言われ、内心度肝を抜かれたのだが、

冬、特にこんな寒さが続くと、妙に納得してしまう。

 

絵の中はもう、春なんだけどね。

| おえかき | 21:31 | - | - | pookmark | 昨年の記事
ふさふさ、させたかったので。

田舎laboさんには、新商品の納品もしてきた。

新作の、「犬・猫しおり」だ。

 

これまでも、しおりを作っている最中ずっと、

このふさふさを、もっとふさふさらしくアピール出来るものが作れないだろうか、と黙々と考えていて、

いっそしっぽをふさふさにすれば良いんじゃないか、と思いついた、やや個人的趣味に寄った製作物だ。

その為、心の中ではしっぽふさふさしおりと呼んでいる。

 

今年は戌年、という事もあり、身近な動物から入りたかったので、

 

犬と猫の2種類を作ってみた。

型抜きしたり、実は趣向を凝らしている作りでもあるので、どうぞよろしゅう。

| グッズ。 | 16:07 | - | - | pookmark |
大雪と、銀河のガラス展。

寒波や雪を気にしていても始まらないので、納品、兼、展示を見に田舎laboさんへ行って来た。

気になっていたガラスの展示、「銀河のアクセサリー 和風銀作品展」が開催中なのだ。

 

久慈市で制作されているというアクセサリーは、耐熱ガラスが使われているそうで、

普段目にするガラスよりも、軽くて丈夫らしい。

確かに触ってみると、硬質プラスチックの様な弾みのある感触がある。

 

技法も、他のガラスとは異なる様で、

トンボ玉では見られない、線状のラメや煌めきが見られる作品、

合成オパールを閉じ込めたものなど、珍しい色調のものが多く感じられた。

光の加減や角度によっても、表情がくるくる変わってくる。

とても綺麗で深みのある、美しい作品達だ。

 

迷った結果、

 

虹がくるくると回りながら吸い込まれて行く様な、キーホルダーを養子に連れて帰ってきた。

 

加えて、目があってしまってどうしようもなくなったフクロウさんやら、ポストカードなども入手して帰ってきたのだった。

 

他にも気になる作品が沢山揃っていたので、お出かけの際はぜひ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「銀河のアクセサリー 和風銀作品展」

 

田舎labo(岩手・花巻)

2018年1月20日(土)〜3月18日(日)

11:00〜17:00
火曜・金曜定休

入場無料

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 展示レポート | 20:56 | - | - | pookmark | 昨年の記事
ご褒美と、スカイツリー巡り。

東京滞在の続き。

 

一通り画材の買い出しを終えた後は、本来の目的である、「東京スカイツリー」さんへ。

何故なら、件のご褒美で頂いた観覧券があるからだ。

 

着いた時間は若干混んでいる様だったので、

スカイツリー周辺のショッピングモール、ソラマチをふらふらし、

こちらも気になっていた、「すみだ水族館」にも入ってみる。

完全に室内という事もあってか、照明などに工夫が凝らされていて、ゆっくりアクアリウム鑑賞といった雰囲気だ。

 

熱帯魚やクラゲ、オットセイやペンギンさんなど、小柄な生き物が中心にセレクトされている感じ。

丁度、チンアナゴさんの夕食タイムに間に合ったので見ていると、ごはん目当てにみんな伸びまくってくる。

飼育員さん曰く、夜はみんな潜ってしまって「砂だけの水槽」になるらしい。

遅い時間だった事もあって、ペンギンさんたちはすっかりおねむモードだったけど、結構面白かった。

 

その後は、展望台へ。

地上から350メートルの高さは、確かに高い。向こうを飛んでるヘリと同じ高さ。

他に遮る建物も無いので、高層ビルが林立する東京だというのに、空が広く見える。

360度何処を見ても、ピカピカの夜景。

昼は昼で、晴れていれば富士山や日光まで見えるらしいし、1度は体感しておくと楽しい所だと思った。

 

さて、材料も手に入ったし、制作もざくざく進めていこうっと。

| 旅レポ。 | 22:58 | - | - | pookmark | 昨年の記事
何故なら、南極が好きだから。

 

行きたい所も買い出しも溜まっていたので、ちょこっと東京に行ってきた。

 

まずは、以前から気になっていた、立川にある「国立極地研究所 南極・北極科学館」へ。

ここは、南極や北極への観測隊の資料館、みたいな所。

 

実際の南極基地の部屋が再現されていたり、

観測隊の衣類の試着コーナーがあったり、

南極の氷や隕石など、実際に触れられるコーナーも充実していて、子供から大人まで楽しめる様なバリエーションに富んだ展示物が並んでいる。

 

そして!

 

現役を引退した、実際に使われていた雪上車が展示してあって、

 

中に入る事が出来るのだ!

 

4人住まい用の2段ベッドに、ちょっとしたキッチンと器具類、運転座席が2つ、という、キャンピングカーみたいな作りだけれど、こんな感じで南極に行っていたのかー、と思うととても感慨深かったり。

運が良ければ、実際に観測隊に参加した隊員さんに会って話を聞ける事もあるらしい。

他にも色々気になるものが展示してあるので、気になる方はぜひ。

| 旅レポ。 | 20:20 | - | - | pookmark |
新刊「僕等の秘密基地」、完成。

絵は絵で、行きつ戻りつ、ちまちま進めているものもあるのだけれど、
まず今年は、本だろう。

 

という事で、昨年の個展のイラストをまとめた、12冊目のミニ絵本、「僕等の秘密基地」を完成させた。

ミニ絵本は、その時々で自分の中でのニュアンスや感情の重要度の度合いを変えているのだけれど、

この本は、これまでで一番「平熱」というか、少年っぽさが滲んでいる気がする。

 

いつもなら、もう一足突っ込む様な所を踏み留まっているので、やや浅めというか、

文章に近い、淡々とした雰囲気が覗いた1冊に仕上がったという感じだ。

 

minneの通販ページにも詳細は載せてみたし、個人的にメールでの注文もOK。

いつも通り、展示の時には見本も出して置くので、そういう時にお手に取って頂けたら嬉しい。

どうぞよろしゅう。

| 本の制作。 | 21:24 | - | - | pookmark |
「2018 SUGAR WEB トップイラスト」、掲載のお知らせ。

年も明けたし、そろそろイラスト周りのご報告も。

 

実は、「イラストレータークラブ シュガー」さんのWEBトップページに、イラストを大抜擢して頂いています。

今月1ヶ月程、他の作家さまの作品と共に、トップページを彩らせて頂く予定です。

じわーっと待ってると現れてくるので、気になる方はどうぞ覗いてみて下さい。
よろしくお願いします。

 

しかし、年明けに載るのを考えたら、犬の絵を推せば良かったんでなかろうか…。等と思う所もあったり。

まあ、動物さん一杯居る方がゴージャス感があるから、良いかな。

| おしらせ | 21:10 | - | - | pookmark |