CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
挟むなら、小振りの方が良い。

ようやく、自分個人の制作など。
 

自分が使うので、新作のしおりを作り始めた。

一度に何冊もの本を並行に読み始めるので、しおりは必需品だ。

無い時には、本に読みかけのもう1冊を挟んだりだとか、

開きっぱなしの侭、マグカップを乗せたりだとか、

そういう中断の方法は、いい加減卒業したいのだ。

 

という訳で、宝石モチーフなど。

これは、いわいずみに持っていくつもり。

 

 

・余談の追記。
今月、特に今週に入ってから、妙に遠方からの通販が入るなあ、と思っていたら、
6月1日から、定形外郵便の値上げが始まるからだった。
エトモちゃんのご対応は、28日(日)受付分までをこれまでの送料で送ります故、ご注意下され。

| グッズ。 | 22:11 | - | - | pookmark |
「胎教コンサート」のイラスト掲載。

恐ろしく寝れなくて、沈黙していた分の、絵の掲載などが続いとります。

 

エトモちゃんの展示などなどで、一方的にお世話になりまくっていた、

岩手(主に内陸)のフリー情報誌、『マ・シェリ』さんの「胎教コンサート」のイラストを描かせて頂きました。

ご依頼の内容に沿って、珍しく、人を描いとります。

仕事以外では本っ当に描かないので、ある意味レアかと思われます。

色を青にしたのは、開催時期が夏なので涼しくしたかったから!

 

コンサート開催まで、関連の色々にしばらく登場するかと思うので、お見かけの際はよろしくお願いします。

それにしても、不特定多数の方の目に触れるイラストは、心密かに燃えるなあ。

 

そして、指定が自由なのを良い事に、

頼まれてもいない鳥さんを、好きに描き込んだ鳥好き。

| おえかき | 21:11 | - | - | pookmark | 昨年の記事
忘れた頃に掲載開始。

恐ろしく団子になっていた、ご依頼のあれこれが終わった。
何故か、ご依頼というのは重なるもので、のっぴきならない状況だというのに、
そういう時に限って、急なイベントが発生したりするのであった…。
連日の、休日返上のお仕事も終わったので、今日はやっと寝れそう。
メール他、猶予あると判断した諸々はこれからやります。
寝てから。

〆切がやばかったので、友人のお出掛けのお誘いを泣く泣く断った所、
「お土産買ってくるけど、何がいい?」と聞かれたので、
「何か、人生を潤すものが欲しいです!」と振ったら、
今日、ドアノブに、「牧場で買ってきたふわふわした草(同封のメモ参照)」が届いていた。


ふわふわしててめっちゃ癒される…。ナイスなセレクトをありがとう。

そして、せっかくなので。


そんな感じでおやつを買い忘れたとの連日の言い訳に、聞く耳持たないご近所さんと、


追い込みの為、お願いして作って頂いたわがままオーダーと、


〆明けのおかしなテンションで買い込んでしまった朝昼夜ごはんも載せときます。

| 雑記 | 21:41 | - | - | pookmark |
スタンプラリーと、展示巡り。

スタンプを集めるという口実も兼ねて、展示を見に繰り出してきた。

 

まずは、5月21日まで開催中の、「島見美由紀 陶芸展」へ。

 

場所はギャラリー盛久さん。

入ってすぐの所に、賞を頂いたという作品と同じ様に象嵌で柄をあしらえた作品が。

そして、DMに載っていた、椿をモチーフにした花瓶達。

赤土の作品を中心に、普段使いの器が凛と佇んでいる。

赤土の作品は、何となくザラザラなイメージがあったんだけれど、島見さんの作品達はしっとりした感じのつるつるさが出されていて、触れても肌に吸い付く様な、なじむ感じがとても心地良い。
そして多分、この感じは、使ってるうちに手の脂とか茶渋とかで徐々に馴染んでいって、ツヤが出てきそうな気がする。
長く、日常で使ってみたい気持ちのする器達だ。

 


川に映った新緑みたいな、揺らぎのある浅黄色の作品や、
ウルトラマリンの、艶やかな海外の夜空を思い起こさせる、鮮やかな色の作品も。

色も形も独特の個性があるのに、派手さやくどさを感じさせないのは、1つ1つのフォルムの美しさや配色のセンスがキリッと立っているからだと思う。

特徴がありながら、飽きのこないデザインっていうのはなかなかに難しいので、その感覚をしっかり出しながら作って居られる方、という印象だった。

 

写真などでは作品を拝見していたけれど、作家さん自身とはこれが初めましてのご挨拶。

作品の事ほか、猫話など沢山お話を聞かせて頂いた。

初夏を渡る風の様な、とても素敵な展示だった。

 

続いて、旧石井県令邸へ。

県令邸をモチーフにした作家さん達の作品展と、芸大のアニメーションとの2本立ての展示が、10日から21日まで開催中だ。

ちょうど人が途切れた時間帯だった様で、のんびりゆったり2階まで巡ってみる。

会期半ばというのに、作品に赤いシールが沢山貼られていて、大変に盛況だった様だ。
県令邸という建物自体が、デザインも凝った細工のある建物なので、作家さんのアプローチの仕方もそれぞれで、そこも面白い。

独特の空気のある展示なので、こちらも実際に体験して頂けたらと思う。

 

スタンプを押しに行くなら、どちらの時間を作ってじんわり見て頂きたい展示。

ぜひ余裕を持って立ち寄って頂けたらと思うよ。

| 展示レポート | 21:36 | - | - | pookmark |
定員と、第2希望。

常々、僕は人間の役目を終えたら、来世はツノゼミ(贅沢を言うならマルエボシツノゼミ)になる事に決めていて、

神様にも、そう進言しようと決めているのだが、

先日、たまたまその事も知っている旧友と呑んでいて、衝撃の発言を貰った。

「万が一、定員だった時の為に、第2希望も考えておいた方が良いんじゃない?」

て、定員…!?

それは盲点だった。

まさか僕以外に、ツノゼミ希望の生き物が居るかとか考えてなかったけれど、多かったらそうもなるのか。

どうしようかな。

 

という事で、これは次会う時までの宿題になっている。

ツカツクリとか、ダンゴウオとかも捨てがたいけど、出来れば陸の生き物が良いな。

| 雑記 | 22:46 | - | - | pookmark |
「紺屋町スタンプラリー」、参加したり。

お店の方は「参加店」として混じっている、「紺屋町スタンプラリー」は、

基本的に、「駅にスタンプが置いたあったらおおよそ押す」派としては、一個人として参加しておきたいイベントでもある。

という訳で、今年もコンプリート狙いでザクザク回っているのだった。

 

なので、スタンプ関連で個人的におすすめなどをご紹介。

 

まずは、「紺スタ」の中心の一角である、ござ九さん。

「ござきゅー」ではなく、「ござく」と呼ぶので、お間違えなく。

ここは言うまでも無く、岩手・盛岡のガイドブックには必ず載っている老舗の、昔ながらの雑貨屋さん。

たわしの揃いが結構ツボで、

個人的に、店内にある「亀の形のたわし(しかも大中小と重なって飾られている)が気になる。

 

ちなみに、中庭では明日5月7日まで「想い手展」を開催中。

写真のパネルと、絵がいい感じに中庭に飾られていて、こちらもおすすめ。

中庭自体もいい感じなので、そこもじっくり味わって欲しいと思う。

 

今年初参加の「菊の司」さんも、イベント最終日20日・21日に合わせて、初の蔵開きをするらしい。

で、スタンプブックを持って行くと無料になる、酒蔵見学ツアーがあるんだけど、

ここの注意書きが気になりまくる。

「酒蔵は納豆厳禁です。朝食の納豆はがまんしてください。」

(チラシより抜粋。)

納豆菌は強いから、お酒の酵母さん達を退治してしまうからの配慮で、ごもっともな注意書き。

でもちょっと面白い。

僕は、お酒より納豆が好きなのであれだけど、

納豆を我慢出来るお酒好きさんには、ぜひ行ってみて欲しいイベント。

 

お世話になっている「シグアートギャラリー」さんの展示、「P and M(ペインティング アンド モーメント)」も良かった。

作品の不可思議さも心惹かれるけれど、

会場内に再現、というか実際に描く場として整えられた、アトリエ的なものの存在感が凄い。

人によって、心地良いと直に感じられる画材や道具は異なるけれど、

意外と、描いている場って表には出てこない部分なので、

そういう意味でも、描く人の興味をそそってくれる展示だと思う。

会場内の撮影は禁止だそうで、ドアの向こうからちょこっと撮っても良いよ、と許可を頂いたので、

大分遠目の写真でも。

こちらもスタンプラリー最終日、21日まで。

 

スタンプラリーで寄り道の際は、ぜひ。

| 雑記 | 23:37 | - | - | pookmark |
「春を纏う展」へ。

5月7日までkasi-friendlyさんで開催中の、「春を纏う展」へ行ってきた。

 

作家の中村なづきさんは、ワックスの金属のアクセサリーを主に作っている方で、

リアルでちょっとおしゃれ感のある、植物モチーフの作品や、

会場にある石から好きなものを選んで、好きなアイテムに加工してくれる、オーダーの作品がやってきている。

 

今回の新作、ミモザやシロツメクサも繊細で可愛かったけれど、

ミントやノビルなども、葉っぱもののハーブも生き生きとしていて、とても綺麗だった。

 

今回は、書類留めに重宝しているヘアピンを2点、新たにお迎えしてみた。

 

松ぼっくりとモクレンだ、と思ってレジに連れて行ったら、

「ラベンダー」とモクレンですね、と言われる。

…松ぼっくりじゃなかったのか…。

まあ、可愛いのでどっちでも良いけども。

 

モチーフの軽やかさとかももちろんだけれど、金属の加工にも良い腕をお持ちの作家さんなので、金属好きにはぜひ足を運んで見て欲しい展示だ。

気になる方は、ぜひ。

続きを読む >>
| 展示レポート | 23:02 | - | - | pookmark |
「土澤アートクラフトフェア」へ。

天気も良いし、最近行ってなかったので!

花巻で開催中の、「土澤アートクラフトフェア」へ行ってきた。

県内の野外アートフェアでも大規模なもので、今年の出店は300店以上。

土沢ののどかな町全体が、開催中の2日間は数万人のお客様でごった返す事になる。

 

本数が少なくて乗り逃すとスリリングな電車で、おそらく目的地が同じであろう方々とギュウギュウになりつつ、駅に到着。

まだ開催時間前だというのに、すでに凄い人出。

 

見るものももちろん見たいけど、お店でお世話になったいる方々が多数出店されてるので、まずはご挨拶を。
「MH design」さん、「木羊日」さん、「ABE’S WORK(Rabbish ART)」さん、「田舎labo」さん、「げつや」さん、(発見順)が、あちらこちらに。

そして、作品は知ってるけどご本人は知らない、という作家さんに挨拶もしたかったのだけれど、

何しろ、この人出のお客様に対応中とあって、今回は断念。

他、気になる作品などをチェックして帰ってきたのだった。

 

で、今回のお買い物など。

山の上、美術館近くで出店中だった、「まざーあーす」さんの、ふきのとう染めのストール。

ほわほわの、夏に首に巻くものが欲しかったのでちょうど良かった。

こちらでは、他にへちま関連のものを沢山お取り扱い中だった。

 

そして、「UMINEKO LABO」さんの手作り石鹸。

「さくら」と、「ミルク」と、おまけに頂いた「ビネガーリンス」(ケースが可愛い)。

ご本人イチオシの「変わり玉」石鹸も楽しそうだった。

 

こちらも石鹸。「花音」さん作。

香りがすごく香ってて良い。
シトラスカラーの石鹸を買ったら、ちょこっと他の石鹸の欠片をおまけして頂いた。

どうもありがとうございます!

 

今回は「ABE’S WORK」のグループ名で参加されていた、「Rabbish ART」さんの鉱物ポストカードセットも。

早速机の横に飾ろうと。

 

ジャンルも様々で屋台の出店などもあるし、一気に色々な作品が見たい方にはおすすめなイベント。

気になる方は、ぜひ来年に。

| 旅レポ。 | 23:31 | - | - | pookmark | 昨年の記事
花は、弔いの意。

イメージと違うというのは、もう多分に知っている。
けれど、何時かこういう装飾仕立てで、CDのジャケットや楽譜を飾り立ててみたいと願う。

| おえかき | 00:02 | - | - | pookmark | 昨年の記事
メニュー制作と、開店予定のお知らせ、など。

エトモちゃんの方でも紹介していますが!

真面目なお知らせです。

 

5月1日に開店予定の、大船渡のラーメン屋さん、
「ラーメンハウスどんぐり」さんのメニュー表を作らせて頂きました!

という訳で、こちらが人様のお店にて使われる事になります。
どうもどうも、ありがとうございます!!

オーソドックスな、さっぱりした感じのラーメンで、
ご本人曰く、普通に食べに来て欲しいラーメンだそうです。
大船渡だからとかそういう観光狙いはしない、と伺っているし、
ご本人は宣伝等等も全く興味ないそうなのですが、
だからこそ!!
個人的にゴリッゴリに宣伝しときます。

後、勘の良い方はご察しの通り、
ご依頼分として、既にホタテさんやらアワビ様やらをお腹に納めてしまった身としても、しっかり宣伝させて頂きます…!
行って食べて下さい!!

お店は、津波で流されてしまった後に建ったマイヤの裏手辺り、新しく地元のテナントさんが入る集合商店街の一角の所です。
元・大船渡駅で降りてすぐの所です。
電車とは言わず、今はBRT(高速バス)が走っているので、それでのんびり旅も楽しいと思います。盛岡からだと、バスで片道3時間・4往復があるので、駆け足なら日帰りも出来ます。
駐車場とかはしっかりあったし、車なら碁石海岸、陸前高田辺りも回れるので、お出かけの際にお寄り下さい。

絵やデザインの力は、とても無力で、
こういう形でしか力になれないのが、とてももどかしいけれど、
これでちょっとでも、何かしらのお役立ちになれれば良いなと、切実に想っていますので、
どうぞどうぞ、よろしくお願いします!!

| おしらせ | 21:56 | - | - | pookmark | 昨年の記事