CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
ほぼとり。
ほぼとり。 (JUGEMレビュー »)
ものゆう
ゆるかわ系の表紙に、ひよこの4コマがギッシリ詰まった一冊です。
時にシュールな場面もありますが、すっと読めてしまう面白さがあるので、ほっこりしたい時におすすめです。
「きょうの猫村さん」が好きな方は好みが近そうです。
個人的に大変ツボをついてくる本ですが、特に「もち」、「ながしそうめん」、「カフェイン」から「わるいとり」のくだりが好きです。
RECOMMEND
ツノゼミ ありえない虫
ツノゼミ ありえない虫 (JUGEMレビュー »)
丸山宗利
体長僅か2センチ程度なのに、奇抜な生き物。それがツノゼミだ。
なんでこんなに奇妙な形をしているのか、進化論でも説明出来ない、アーティステッィクな虫達。
おまけに、奇妙な形すぎて、風が強い日はうまく飛べない、という大変平和な虫でもある。
生まれ変わったらこんな虫になりたい。
RECOMMEND
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから (JUGEMレビュー »)
太田康介
福島第一原発20キロ圏内の、取り残された動物達の今を撮り続けた写真集。
最初の感想は、ただただ切ない。
それでも、人間のいなくなった異質な町で生き続ける動物達の、必死さと、
それを守り、助けようとする、無名のボランティアさん達の奮闘、葛藤が、ここに包み隠さず表現されている。
見終えた後、ほんの僅かだけれど、希望を感じさせてくれる本でもある。
震災も原発も良く分からないけれど、動物が好きという方に、知って頂きたい一冊。
RECOMMEND
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち
絶滅危惧種を見に行く―滅びゆく日本の動植物たち (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
藤田一咲さんの本が好きなのです。
写真も、文も。
訥々とした語り口ながら、学術的な情報も載せつつ、その端々に気持ちのこもった書き方をする方です。
まるで浮遊するような文体で。
重くなりがちな絶滅しそうな動物達のポートレートを、絶妙なバランスで書いてくれてます。
まだ、間に合うと思いたい。
RECOMMEND
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ
風と光と水のことば―季節の横顔を愉しむ (JUGEMレビュー »)
細川 剛,倉嶋 厚
気象を中心に、言葉と艶やかな写真で構成された一冊。
色彩の鮮やかさもさることながら、英語と日本語の両表記がありがたいです。
軽くさらうのに最善と言える入門書。
RECOMMEND
砂漠 THE DESERT
砂漠 THE DESERT (JUGEMレビュー »)
藤田 一咲
今は絶版になってしまった写真集、「サバク」のリメイク版、といったところ。
半分位が撮りおろし写真で、以前より大判になっています。
砂漠好きには「買い」!な一冊。
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
デンジャラスカラフリィ
イラストサイト デンジャラスカラフリィへ
saharaのイラストサイト。
宝石の様な色彩が見所の絵を満載です。 オリジナル絵本や展示の情報も載せています。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
saharaの日常のかきつづりです。
ときどき絵も描いてくかも。
じわり、じわり。

 

 

 

来年リリース予定の、新刊に向けて準備中。

| おえかき | 23:24 | - | - | pookmark |
「ばん茶せん茶」コーナー、カットイラスト掲載中。

ご連絡が若干遅れましたが!


今年も、岩手日報さまの「ばん茶せん茶」コーナーのカットを描かせて頂いとります。
9月16日頃より掲載されてた筈、です。今月末まで掲載予定です。
新聞派の皆様、良かったらご覧下され。


という訳で、

下描き中の写真でも。

| おしらせ | 21:52 | - | - | pookmark |
「いわむらかずお展」と、童話の世界への寄り道。

花巻・東和町の萬鉄五郎記念美術館で開催中の、

「いわむらかずお展」を見に行ってきた。

 

いわむらかずおさんは、大御所の絵本作家さんだし、知っている方も多いと思うけれど、

自然に対しての鋭い観察眼を通して、生き生きした植物や動物の絵を描かれる方。

ご自分のお家もわざわざ森の中に引っ越してしまった様な方なので、どの絵本も自分の日常の延長で描いている感じがひしひしと伝わる世界だ。

 

展示は、14匹のねずみのシリーズを中心に、原画、スケッチ、などの絵の作品の他、

モデルになった沢山の動物の写真、植物の写真もあって、作家さんの視線をそのまま見ている様な構成になっている。

初期の頃の絵本には、色指定の指示が書かれている原稿もあって、とても興味深かった。

 

絵本の展示なので、もちろん室内には本のコーナーがあり、椅子に座って長居出来る様になっている。

いわむらさんは結構長い文章も書かれる方で、特に文字主体の本は、人間と自然との関わりに対する苦言や警告も含まれる内容になっているので、ぜひ大人にこそ目を通して頂きたい所。

身近な視点から、身の回りの自然に対する新たな見方を教えてくれる作品展だと思った。

もちろん、絵本好きの方もおすすめ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「いわむらかずお展」


場所 萬鉄五郎記念美術館(花巻市東和町土沢5-135)
日時     2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)
   8:30〜17:00(入館〜16:30まで)
   *月曜休館(祝日時はその翌日休館)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

それと、遅ればせながら、白鳥の停車場さんへも。

 

お店は3連休とあって、とても賑わっていた。

ゆるりと星の世界を堪能しつつ、先月までお世話になっていた、「ケンタウル祭vol.4」の限定のお品物も撤収してきた。

お買い上げ頂いた皆様、そしてご一緒の作家さん達、停車場の皆様、どうもありがとうございました!!

 

せっかくなので、童話村のファンタジックな野外探索も。

 

 

ようやく暑さも和らいできたので、秋の散策も兼ねて、ぜひ。

| 展示レポート | 21:02 | - | - | pookmark |
「作家のボツ作品」展と、平熱の納品。

ちょっと腰を落ち着けられつつになったので、田舎laboさんに納品へ行ってきた。

 

田舎laboさんでは、10月6日まで「作家のボツ作品」展を開催中。

ボツと言いつつ、結構欲しい作品があったり、

何処がボツなのか、というクオリティだったり、

ボツになったコメントもとても面白く、見応え十分だった。

 

個人的には、和風銀さんのガラス玉を2点入手。

ちょっと暗く写っちゃったけど、緑の花の方は一目惚れ。好みな感じの緑のグラデーションがとても綺麗。

他の作品もお手頃価格で、人気というのも納得だった。

お時間ある方はぜひ!

 

そんな中、僕の方は定番のクリアファイル入りレターセットと、ポストカードを追加してきた。

カメつながりで、これまでとは別のカメ柄のポストカードを投入してみたり。カメ好きさんは見比べると楽しいかも。
それと、「地」のしおりは今回納品分がラスト。気になってた方はお早めにどうぞ。

続きを読む >>
| グッズ。 | 22:00 | - | - | pookmark | 昨年の記事
「岩手芸術祭美術展」搬入。と、鳩の国。

今年は展示には参加しない、と言ってはいたんだけど、縁在るとこもあって、
参加済みの、お世話になってる白鳥の停車場さんの、「ケンタウル祭vol.4」、プリン同盟の毎年恒例「プリン展」、学校つながりの「ムサビズム展partII」、

そして、本日、「岩手芸術祭美術展」のデザイン部門に作品を投入したので、

これで今年の露出は終われる筈だと思う。

 

「岩手芸術祭美術展」の展示自体は、10月5日から1ヶ月程部門を変えつつ開催されるんだけど、

搬入は本日のみとあって、搬入会場は、多くの作品と搬入する作家さん達でごった返していた。

 

そして、現代美術部門は今年度より野外展示の会場も増えたというので、お手伝いというか賑やかしというかで、ちょっと寄ってて見た。

そこは公園であり、

同時に、鳩の国でもあった。

暑さの中、準備に奮闘する係の皆様を囲む、鳩の充実っぷりが凄かった。

 

展示本番までまだ日があるけど、ぜひお楽しみに。

| 雑記 | 18:02 | - | - | pookmark |
「ケンタウル祭vol.4」・「ムサビズム展partII」、終了。

8月31日まで開催していた、白鳥の停車場さんでの「ケンタウル祭vol.4」、

 

そして、昨日まで参加していた「ムサビズム展partII」、

どちらも無事に終了しました!

ご覧頂きました皆様、お買い物下さった皆様、お世話になった会場のスタッフの皆様、どうもどうもありがとうございました!!

ありがたい事にご依頼重なってて、会期中に追加で色々お伝え出来ずでしたが、盛会だった様でとても嬉しいです。感謝です!!

 

それと、東京行ったり来たりに伴って取ってたお休み期間も、今日で終わりです。

これでしばらく、盛岡で腰を据えて制作しつつ、明日からガンガン納品出してこうと思います。

どうぞよろしゅう。

 

搬出時は、特に大きく予定を入れずに居たので、雑貨屋を中心に、古本屋やら、画材屋等をがっつり巡って来たり。

東京で友人に会うと、みんな「東京でしか行けなそうなお店」に連れってってくれてて、それはそれで嬉しいんだけど、

盛岡には、スープストックはおろか、ウィンディーズもサイゼリアも無いので、ここぞとばかりにのんびりご飯も。

 

 

世界堂と、敬愛する月光荘で画材も仕込んできたし、次の仕込みをするさ。

| おしらせ | 20:52 | - | - | pookmark | 昨年の記事
「ムサビズム展partII」、参加中。

ひとまず、帰って来たので!しつこいけれどもご案内を。

「ムサビズム展partII」、始まっとります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ムサビズム展partII

場所 武蔵野美術大学 吉祥寺校1号館3F(〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町3−3−7)
日時     2019年8月26日(月)〜9月1日(日)
   10:00〜18:00(会期中無休)  *最終日〜14:30まで!
*吉祥寺駅下車、徒歩約15分
 詳細はhttps://cc.musabi.ac.jp/access
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして行ってみての、追加情報。

 

まず、駅から徒歩15分では着かない。のと、

道に迷うので、駅前からぐるぐる回ってる100円バスで行くのがおすすめ。

後、コンビニも若干離れてるので、歩く気の方は水分補給を忘れずに!

 

そして、校舎の困った所。

僕が展示させて頂いてるのは、1号館の3階なのですが、階段です。しかも、結構きつめ。

結構体力を削られたので、前情報としてお知らせしときます。

 

展示室は3室あって、展示室Aの入ってほぼすぐのとこなので、見付けやすいと思います。

思ったよりも展示室内がぎゅうぎゅうに展示されてたので、在廊はしません。(最終日はちょっと出没する予定。)

なので、人目を気にせず、じゃんじゃん立ち読みして下され。

 

それと、展示してる本は僕が見本用に使いまくってるので、かなり使い込み感が出とります。

まあ、それはそれで、人の手に取るものとして致し方ない変化なので、その辺は気にしないで頂けると嬉しいです。

 

それでは、今週末まで、どうぞよろしゅう。

続きを読む >>
| saharaの展示。 | 20:46 | - | - | pookmark |
「ムサビズム展partII」、参加するよ。

気付けばもう来週です。

久々に、東京の展示に混じります。「ムサビズム展partII」です。
場所は、武蔵美の吉祥寺校。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ムサビズム展partII

場所 武蔵野美術大学 吉祥寺校1号館3F(〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町3−3−7)
日時     2019年8月26日(月)〜9月1日(日)
   10:00〜18:00(会期中無休)  
*吉祥寺駅下車、徒歩約15分
 詳細はhttps://cc.musabi.ac.jp/access
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
母校、なんだけど、こっちの校舎は行った事無い。ので、初潜入です。夏休みでお休みの間に、やるんかな?と思うけども。
あ、入場無料だし、学生でなくても入れる所なので、気にせずにおいで下さい。

で。
出展するのは、すでに発表済みのあの絵本、「まてまてトランプ」です。

この、作品として出展するのは、印刷屋さんに頼んだ量産の方じゃ無くて、その前に手製本した1点モノの方です。

 

違いとしては、

************
・奥付が違う(発行年数等が入っていない)
・紙と印刷が違う(やや厚手の紙に、耐光顔料インク印刷)
・糸綴じ製本になってる
************

位なもので、サイズや内容等は同じです。

ちなみに。
手製本は手製本で、味があっていかにも「手作り」っぽくて良いのですが、やや丸みの感じが「本」という味わいには柔く思う気もしていて、
販売用の方は、色味がシャープで「製品」っぽいので、僕はこっちも気に入っています。

平置きで、立ち読み出来る様にしておくので、わざわざ岩手まで見に来るのが億劫だった。という首都近辺の皆様、
取り敢えず眺めてみたい、という皆々様は、足を運んで頂ければと思います。

 

それと、東京上京にあたり、久々にポートフォリオも制作。

過去作の一部は、前のMacさんでしか開けない事もあり、
先週はずっと、Macさん2台起動しっぱなしだった。この2人で、部屋の気温5度位上げてた気がする…。
加えて、こないだ撮って頂いた、ガチのサヨナ嬢の写真も載っけたので、(どうもありがとうございます!!)
かなりサヨナ嬢推しのページ構成になっとります。
絵本と一緒に置かせて頂く予定なので、こちらも興味あれば覗いて見て下され。

それでは、どうぞよろしゅう。

| おしらせ | 21:52 | - | - | pookmark | 昨年の記事
「八合直彦 陶芸展」と、大船渡満喫。

東京での展示に「まてまてトランプ」を出展するので、そのご報告とごあいさつも兼ねて、

昨年絵本の原画展を開催させて頂いた海の街、大船渡へ行って居た。

 

まずは、楽しみにしていた「八合直彦 陶芸展」を見に、「かふぇ がれりあ おはす」さんへ。

ごあいさつとDMのご案内をしつつ、ガッツリ展示を見せて頂く。

 

八合さんの展示は、今回で3回目の訪問になるかと思うんだけど、カラフルで愛らしい絵が1点1点丁寧に描き込まれていて、まるで絵本のページを繰っている様な作品達だ。

陶器の作品、というよりは、絵を立体に描いている、という印象の強い、1点モノの作品達。
毎回毎回ユニークなキャラクター達が溢れているんだけど、今回は猫・犬・カバ率が高かった様に思う。

 

賑やかな配色のイメージが強いけど、中にはダークトーンの落ち着いた雰囲気の器もあって、大人が使っていても違和感のない、可愛らしさのバランスが秀逸だと思う。

今回は大作の絵も飾られていて、それもとても素敵だった。

 

そして軽食メニューも美味しい。

 

 

今回は爽やかな水色が綺麗な、ニャンコのカップを連れ帰ってきた。

おまけのポストカードもニャンコ。

 

本当に細かい所までまじまじと見たくなる展示なので、気になる方はぜひ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・八合直彦 陶芸展

場所 かふぇ がれりあ おはす(〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字富沢36-1)
日時     2019年8月4日(日)〜8月21日(水)
営業日 日・月・火・水
営業時間 10:00〜16:00(最終日〜15:00まで)

*駐車場あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それと、こちらも仲良くして頂いてて、大船渡の街中・おおふなと夢商店街にお店を構えている、「ラーメンハウスどんぐり」さんへ。

お盆中もしっかり営業してて、沢山お客さんがいらっしゃったので、さくさくラーメンを頂いてくる。

辛い系のメニューが人気なので、どんとこい!という方はぜひラージャンメンを。

割と常連さんが多いので、地元トークを小耳に聞くのが楽しかった。

 

それから、「アジア雑貨と軽食の店 EAST ASIA(イーストエイジア)」さんへも。

こちらは、面白いアジア雑貨や、フェアトレードの商品を取り扱っていたりして、珍しい品揃えが興味をそそるお店さん。

 

アジア風の飲み物食べ物の軽食コーナーで一休みしつつ、

 

以前買って美味しかったフェアトレードの紅茶と、色鮮やかなモロッカングラスを入手。
更には、絵本作家の「いわむらかずお展」のチケットまで頂く。

 

色々とお邪魔させて頂いて、どうもどうもありがとうございました!

 

海風に吹かれつつ街中を探索していると、以前来た時には無かったお店さんやお家、道路や堤防などもじわじわ広がっていて、そういう所が見れるのも地味に嬉しかったりする。

食べ物も美味しいし、綺麗な風景も沢山広がっている所なので、気になる方はぜひ。

| 旅レポ。 | 21:28 | - | - | pookmark | 昨年の記事
「プリン展」終了と、盛夏の展示観覧。

まず始めに。

 

クラムボンさんで8月10日(土)まで開催していた「第18回プリン展」、無事に終了しました。

足を運んで下さった皆様、ご一緒の作家さん達、お店の皆様、どうもどうもありがとうございました!!

やっぱりプリンが食べたくなるのか、お客様のプリンオーダー率が半端なかった…!!


僕はご依頼あって搬出日に予定がギッチリだったので、一足早く、前日の終わり際に搬出してました。

ので、見られなかった!という方いらっしゃいましたら、すいません…!!

 

また、プリン作品はこの後、花巻市東和町にある「アートクラフト いちびっと」さんに巡回します。

気になってたけど行けなかった!という方は、そっちにもぜひぜひ足をお運び下さい。

何やら、新作プリングッズも販売されるらしい、よ。

(僕は不参加です。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「第18回プリン展」(いちびっと巡回)

場所 「アートクラフト いちびっと」(花巻市東和町土沢8-115)
日時     2019年8月16日(金)〜9月17日(火)
   11:00〜18:00
   *水曜定休
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして、8月11日まで盛久ギャラリーさんで開催されていた、「第4回 GTK 展」へ。

こちらには、仙台在住時からちょこちょこお世話になっている「ギャラリーJ」の尾崎さんが参加されてて、

ご丁寧にもDMを頂いたので行って来た。

 

内容はとにかく、盛り沢山!という感じ。

在学中からの手法を昇華させてる方、在学時とは違う分野で制作されてる方、手法も素材も色々で見応えがあった。

それに何より、還暦記念で集まってて、その年代でもそれぞれが制作を続けてて作品を発表している、という事の凄みと楽しさを存分に感じられる展示で、とても良かった。

2年に1回開催らしいので、気になる方はぜひ次の時に。

 

それと、ご連絡の通り、明日から夏休みに入ります。

ーーーーーーーーーーーー
*お休み期間 2019.8.13(火)〜2019.9.2(月)
ーーーーーーーーーーーー

企業さんからのご依頼がお盆休みで「停止」している間に、

文字通り「手が離せない」系の時間掛かる作業中心に、あれやこれやを遂行するので、連絡滞るかも。

 

という訳で、のんびり目にどうぞよろしゅう。

| 展示レポート | 10:28 | - | - | pookmark | 昨年の記事